十七夜夢子の暇人プレス

十七夜夢子の暇人プレス

アラフィフ女一人の諦めきれない暮らし

目覚めている人の特徴と、予防注射が本当にコワイ件

目覚めている人の特徴と、予防注射が本当にコワイ件

こんにちは、もしかして世界でもっとも厳しい目にあっているのかもしれないオーストラリアに未だ住んでいるアラフィフ独身の筆者です。

多分、一番厳しいのはメルボルンだと思いますが、州をまたがって旅行ができないなど、やっぱりかなり厳しい処置が取られている気がします。

 

あまり陽性者なんていないのに、この仕打ち。

そして怖がってマスクをしている人もたくさん。

本日は、目覚めている人とそうでない人、そしてオーストラリアで強制になりそうな予防注射についてです。

 

目覚めている人の特徴とは

 

すごく面白かったので、引用させていただきます。とものあきらさんのフェイスブックより引用。

 

先日、洗脳されている人の特徴を明らかにしてみた。今回は、目醒めた人の特徴を記しておこう。目醒めた人の特徴マスクをしていないすなわち、マスクが無意味で害しかないと知っている同じく無意味で害しかない消毒スプレーを拒否して、常在菌…

ともの あきらさんの投稿 2020年9月8日火曜日

目醒めた人の特徴
マスクをしていない
すなわち、マスクが無意味で害しかないと知っている
同じく無意味で害しかない消毒スプレーを拒否して、常在菌を大切にしている
コロナが詐欺だと知っている
コロナが原因で亡くなった人がほぼいないと知っている
ワクチンに効果がなく、害悪だけと知っている
ビル・ゲイツがインドから入国禁止になっている理由を知っている
本物のビル・ゲイツがとっくに死んでいることを知っている
オバマが史上最悪の大統領だと知っている
すなわち、オバマがいいやつでトランプを助けているというのはフェイクだと知っている
ブッシュシニアが史上最低の大統領だと知っている
ケネディ大統領が殺された理由を知っている
したがって、トランプ大統領が暗殺されていないことに驚いている
トランプが1度も戦争をしていない大統領だと知っている。
トランプが35000人の子どもたちを救出したことを知っている
トランプが人身売買の撲滅を命がけでおこなっていることを知っている
トランプの悪口を言うとテレビ局がお金がもらえるという仕組みのことを知っている
すなわち、テレビが嘘だらけと知っている
「テレビで言ってたよ」などと抜かす深くおねんねした人々を生暖かく見守っている
以下続きはとものあきらさんのフェイスブックで!

 

これをシェアしたら私の目覚めていない側の友人達も少しは目覚めてくれないかなあ。

 

 

 

オーストラリアでも予防注射反対の人たちについての報道が

 

以下はグーグルさんが翻訳してくれたThe Guardianの記事の抜粋。

スコット・モリソン首相は、予防注射の魔法のパーセンテージは95%であると述べています。それはオーストラリアが集団免疫を構築し、比較的正常に戻ることを可能にする必要があると彼が信じている報道です。

The Guardian の記事より

 

しかし、そもそもそれに反対する人たちがどんどん増えていて、それらはSNSで拡大しているらしい。

3年間で、6つの最大の予防接種防止ページは14,736件の投稿を配信し、2,531,855件のいいね、291,520件のコメント、2,024,672件のシェアを獲得しました。

最も一般的なトピックには、反予防注射活動、メディアと検閲、「大量虐殺」の一形態としての接種、ジカウイルスとゲイツ財団、道徳的違反としての予防接種、予防接種による怪我、医学としての食品、ケムトレイルと農業などがありました。

The Guardian の記事より

 

ガーディアンというこの新聞の記事はもちろん、接種賛成派で、そのように記事は書かれているのですが、ちゃんと反対派の情報も載せているのですよね。

斜め読みする人は、かえってこちらのほうに興味をそそられるのではないかと思えてなりません。もしかして、賛成派の体をしつつ、実は人々の目覚めに一役買っているのでは。

 

予防接種への反対はFacebookやInstagramよりもずっと以前から存在しており、英語で牧師エドマンドマッセイが「危険で罪深い接種の実践」と題された説教で予防接種を「悪魔的な作戦」と説明した少なくとも1772年にさかのぼります。

それ以来、予防接種反対運動は、1800年代初頭の反対から天然痘ワクチン接種まで、1970年代と80年代の百日咳ワクチン接種についての報道主導の恐れまで、勢いを増してきました。
The Guardian の記事より

 

よく、日本で「強制になったらどうしよう」という心配の声をネットで見かけるんですけど、いやーーーー日本は要請だけしかできない国じゃないですかーー。

オーストラリアに住んでいる自分は、日本以上に強制の危機をひしひしと感じています。。。

 

 

さて、ここからが本番です・・米国女性医師の発言

 

ある米国女性医師の発言。

どうやら削除されまくっているようです。

私は翻訳してくださったこの記事をずっと前に読んでいたので、そういう認識だったのですが、最近になって友人が動画を見て「あれは驚愕だった」と言うのを聞いてはじめて

あ、これはもしかして重要な情報なのか?と思いました。

 

現在、別に死者数も大して多くないのでこのままでよくない?と思われる流行病についての予防接種開発が急ピッチで進んでいますよね。

 

専門家である米国女性医師は以下のようにおっしゃっています。

 

重要なポイントは、自然に存在するもの、自然に育った野菜などは特許を取る事が出来ません。でも遺伝子組換えされた(GMO)合成のものは特許を取得する事が可能なのです。モンサントが良い例です。表面的には同じトウモロコシに見えても中を覗くと違います。普通に自然のまま野生的なものは特許を取れませんが、GMOの製品、種は特許を取れます。

これを人間にとって変えてみると、もしも我々も遺伝子が操作されると我々の細胞株も特許を取れる事になります。

もしも、他の生き物からのDNAを注入されたなら、我々はまだ人間であると言えるのか?

トランス・ヒューマニズムとなります。

我々は遺伝子組換えされて、細胞株の特許を取られたら、どうなるのか?これはSci-Fiの映画ではありません。今日現実的に起きているのです。

これはRecombinant DNA(組換えDNA)と呼ばれています。

そして、コロナ・ウィルスのワクチン製作の中で提案されているのです。

真実の泉ーディスクロージャーより抜粋

全文を読みたい方は、ここをクリック。

 

そして、私の好きなパンダ先生もこれの翻訳動画を出してくれています。

ミッツ版の動画を見たい方はこちらをどうぞ。

 

 

ん~、本当に全て、この手のものは木っ端微塵になってもらいたいです。

 

というわけで、本日もお読みいただき、ありがとうございました!

英語初心者の人たちに知ってほしい、英語を話すときの心得

英語初心者の人たちに知ってほしい、英語を話すときの心得

みなさんこんにちは、オーストラリアに長く住んでいる独身アラフィフの筆者です。

今回は、英語初心者~中級者ぐらいの人たちに知ってほしいな、ということを私なりに書いてみます。英語で会話するときに参考になれば幸いです。

 

 

英語は型を覚えてしまいましょう

 

 

英語って、日本語と違ってかなりかっちり話し方が決まっていると私は思うんです。

日本語ほどフレキシブルでないというか。

 

日本語の場合はてにをはで順番をどうとでも変えられますが、英語は語順が命です。

たとえばグーグルの予測検索でも、ちょっと単語を入れると全く同じ言葉が出てきます。

言い方が決まっているからなんですね。

 

日本語だとそういう訳にいかないので、キーワードを三語ぐらい適当に放り込むと思うんですけど、英語だと「まんまやん」という感じがします。

 

なので、日本人が思っているほど、複雑ではないんじゃないかなって思うんです。

型を覚えてしまってそこに単語をいれていくイメージでそこそこ話せるようになっていくと思います。

 

逆に、こういう風になっているんだな、と分析している人はいざ話すときに「うーん、えーと次は動詞だからー」ってなるのか、うんうん唸っている感じ。

 

いや、分析とかせずに丸覚えとかでいいんじゃないかなと思っています。

 

 

 

英語での会話では具体性を目指すこと

 

私が日本人の英語初心者や中級者ぐらいの人と英語で話していて思うのは、具体性に欠けていてふわふわした受け答えをする人が多いかなあということです。

 

それは多分、日本語でそういう答え方が好ましいとされているからだと思いますが、日本語での受け答えのクセはおいといて、英語ではなんでも具体的に話すことが大切だと思います。

 

例えば

「好きな食べ物はなんですか?」

という問いに対して

 

「好き嫌いは特にありません、って英語でなんていうんですか?」と聞かれたことがあるんですけれど、

 

好き嫌いはない、とは

キライなものはない、という意味ですよね、アピールポイントは?

 

好きなものがないわけないというか、好きなものも嫌いなものもないですよ、と言われたら、一般的には「この人噓つきだ」ってなるんじゃないでしょうか。あるいは「食に興味がない人かな?」となるかも??

 

もし嫌いなものがない場合は、「ぼくは食べ物全般何でも大好きだよ!」みたいな、ポジティブな言い方をするのがいいと思います。

 

別に好きとか嫌いということに対して善悪はないので、素直に好きなものをズバっと具体的に言うのがいいと思います。

 

「寿司が大好き」とか「カレーライスが好き」とか「から揚げが好き」とか「イカ墨スパゲティが好き」とか。

 

なんか、日本語で答えると子供っぽい感じがすると思いますが、英語で「出されたものは何でも食べます」なんて気取っても、相手は質問と答が離れすぎていてぽかんとしてしまうと思います。

 

 

英語は話し手に責任があり、日本語は聞き手に責任がある

 

相手が何を言ってるかわからないと聞き手が困惑してしまう場合、英語の場合は悪いのは話し手のほう、とされると思います。

 

話し手はリラックスして、言われたことをその言葉通りに受け取ればOKです。日本語は逆で、話し手は聞き手に理解させる必要はなくて、相手を煙に巻いてしまっても構わないですよね?

 

そして、話し手が誤解してしまっても、「そうとる方が悪い」みたいな感じ?そもそも言葉足らずでもOKなのが日本語ですよね、禅問答を気取って。

 

「レストランでは普段なにを頼みますか?」という質問があったら「そのレストランによりますね。まずメニューを見て決めます」

 

というのが日本語の普通の答えだと思うんですけど、そういうこと言ってたら個性的な受け答えでもないし、スルーされて終わると思います。

 

それに対してわざわざ「へーーー」って感心もしてくれないし、「でも普段絶対頼むものって何かあるでしょ?」と聞き返してくれることもなく

「OK(つまんない人だな)」で終わる気が。

 

日本語って、構造上、初めはふわっとしたところから段々フォーカスして行くイメージですが、英語って、まずピンポイントでそこを表示して、その後で周辺の大まかな情報を話すイメージがあるんです。

 

余談ですが、私がおもしろいなって思うのは(というか変更してほしいなって思うのが)

日本語の海外旅行検索ページなどで、まず地域を選び、次に国を選び、最後に都市を選ぶ、という選択方法。

 

これってまさに日本語脳からきてると思うんですけども。

ケアンズにいきたい人が、まずオセアニアを選び、オーストラリアを選び、最後にケアンズを選ぶみたいな。

 

英語だと話す順番が真逆です。そのせいか英語のサイトだとまず行きたい都市をピンポイントで選ぶと思います。

なので英語だとはじめからケアンズ、以上、って感じ。

 

こんなふうに。。。

 

まず地域、そして国、最後が都市なんだけど・・・

 

都市を入力さえすれば問題ないのではといつも思ってしまう

 

英語で話す時は、こんな感じで、もしビールが好きだったら、ビールが好きです、とだけ言って相手の出方を待つのではなく、もっと具体的に最初から銘柄まで言うのがいいと思います。「サッポロビールが一番好きだよ!」とか。

 

そうすると、イメージがわきやすいので、相手も話しやすい人だと思ってくれるんじゃないかと思うんですね。

逆にモジモジと、「えー、好きなものって何かな~~、何でもいいんだけど~~」みたいにしてると相手はスルーしてくると思います。面倒くさいし、他人にそこまで興味ないし。

 

 

 

別に、発音は下手でもカタカナでも構わない。むしろ気にしすぎ!!

 

最近は、アメリカ英語みたいな発音がうまい若い人も一定数いるなあって思うんですけど、

発音は下手でも全然問題ないですし、むしろカタカナ英語でも、キーとなる発音さえ間違っていなければ全然OKというか、むしろ個性。ネイティブの人からは「あの日本人は英語うまい」って思われると思います。

 

私が結構、こわいなーって思うのは、発音だけうまくて英語が下手な人。

自分もこうなりかけたことがあって、英語がかなり下手だったとき(今もそんなにうまくないですけど)、発音だけうまいと英語うまいと勘違いされてべらべらべらーーーって話しかけられて恥をかくのを避けるために、あえてわざとカタカナ英語で話していた時期もありました。

 

発音だけうまくても、語彙がすくないとか、文法おかしいとかは、当然、ネイティブの人にはわかりますし、それは日本語でもそうだと思います。日本語の発音がうまくても、語彙もなく文法おかしい人を日本語うまいって思えないですよね?

 

それに、世界には母国語の分だけ訛りがあるので、カタカナ英語なのは日本人だけど、他の国の人たちもその国の言語独特の訛りがあって、それで皆、堂々と話していますから、日本語発音は全然OK!!むしろ可愛らしかったり、魅力的に聞こえている可能性もあります。

 

ちなみに私はオーストラリアに住んでいるのですが、アメリカ風発音って結構、嫌われていたりします。アメリカ英語がネイティブな帰国子女の子がコーヒー注文時に微妙に揶揄されたこともあるようで、オーストラリアでは外国人に対するあからさまな人種差別はないですが、ネイティブ間での微妙な小競り合いなどは普通にあるみたい。ネイティブでなくて良かった。

アメリカ英語発音は日本人が思っているほど世界的にはそんなにいいものと思われていないっていうのはわかっていた方がいいのでは?とちょっと思います。

 

 

 

東海道新幹線のアナウンスも、イギリス英語のオーストラリア人女性

 

英語圏では、やっぱりイギリス英語が放送英語として一番良質とされているのが一般認識だと思います。

 

東海道新幹線の英語アナウンスは、なんとオーストラリア人女性が長年されていたんですね。知りませんでした。

声の主は、ドナ・バークさん。

 

もともとイギリス人女性がアナウンスをやり、そのアナウンスとかなり似せたアナウンスができたイギリス英語訛りのできるカナダ人女性がやり、その彼女そっくりに話せるというのでドナさんは採用されたそうですね。

日本語字幕で視聴できますよ。

 

私も、東海道新幹線のアナウンスは穏やかで、駅名もかなり日本語に近く発音しているけど、間違いなく外国人女性の声だし、イギリス英語だよなあ、と思っていました。

 

アメリカ英語はRを舌を巻いて発音しないといけないですけど、イギリス英語やオーストラリア英語ではそんなことないです。なので、それだけでも、日本人としたら話しやすくないかな?と思っています。

 

というわけで、英語初心者から中級者の方に向けて書きました。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!!

 

 

不憫でならない。メルボルンのロックダウン反対デモ

不憫でならない。メルボルンのロックダウン反対デモ

2020年の9月5日に、ロックダウン中のメルボルンでロックダウン反対デモが行われました。本当にメルボルンの人たちは可哀想です。。

 

 

メルボルンの現状

 

メルボルンのあるビクトリア州の直近24時間以内での新規感染者状況と検査数

https://www.dhhs.vic.gov.au/victorian-coronavirus-covid-19-data

 

 

シドニーのあるニューサウスうエールズ州の直近24時間内の新規感染者数と検査数

https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/stats-nsw.aspx 

 

 

んー、まあ確かに、ニューサウスウエールズが10人の陽性に対して、ビクトリアでは63人なので、(これでもだいぶビクトリア州は減った)しょうがないんでしょうか。しかし今気がつきましたが、死者数が不気味な数字になっていますね。

 

現在、ビクトリア州では、メルボルンを中心にステージ4の厳格なロックダウンが行われていて、本来なら来週末には終わる予定だったのですが、その後二週間継続すると、本日、9月7日に発表されました。

 

現在のロックダウン内容は非常に厳しいです。
家を出ていいのは

食料品などの必要不可欠な買出し

一時間のエクササイズ
家の半径5キロ以内に限る

夜8時から朝5時まで外出禁止

誰も家に呼んではいけない

公共の場でつどっていいのは一人とだけ

 

全てに例外はありますが、私もシドニーで3月からこれよりゆるいロックダウンを経験したので(それでも本当に大変で)本当にメルボルンの人たちが不憫でなりません。

メルボルン郊外はステージ3と呼ばれる、少し軽いもののようですが
郊外の町の中には一件の陽性者もない、患者もいない町があるにもかかわらず、全く同じようにロックダウン状態にされているのが現状のようです。

 

そして、9月6日に、反ロックダウンデモが予定されていたのですが、その前にある事件がおこりました。

 

 

郊外に住む妊婦さんが、反ロックダウンデモの呼びかけ投稿で逮捕された

 

 

メルボルン郊外に住む妊婦さんが、フェイスブックに反ロックダウンデモの呼びかけの投稿をしたことで、突如警官がやってきて、子供たちの目の前で手錠をかけられました。

 

妊婦さんは投稿を削除すると言ったけど、受け入れられず、一時間後に超音波検査があったのに連行されてしまいました。この模様は旦那さんがライブ配信したそうです。

その後のニュースで、妊婦さんは釈放され、警官達は画面に映ってない部分では優しかった、自分は仕事も失ったし、このままビクトリアがダメになっていくのを見ていられず何かしたかった、と取材されて答えていました。
「デモ自体が今現在、法律違反にあたるなんて知らなかった」と。

 

もうメルボルンはどうなっているんでしょうか、と思ってしまいました。
どこか別の国になってしまったんでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=hcHUGZGT9V4

 

 

そして、メルボルンにて反ロックダウンデモ決行

 

立ち上がれ、メルボルン!!

 

案の定、取り押さえられる

 

警官の数、半端ない

 

 

メルボルンでは17人が逮捕され、デモ参加者には1600ドル以上の罰金請求の封書が届くそうです。デモ参加者をカメラなどに収めているので後で炙り出して罰金を科すんでしょうか。

スカイニュースで、「ブラックライブスマター(黒人さんの命は大切)デモのときは罰金なんか科されなかった」と言っていました。
タイミング的に第一次ロックダウンが終了したあとのものだったからなんでしょうか?

 

また、メルボルンだけでなく、各地でメルボルンの反ロックダウン運動を応援するデモが行われました。。シドニー、サウスオーストラリア、ブリスベン、パース・・・。

 

これはブリスベン。

メルボルンに自由を!我々全員で一つのオーストラリア人だ

 

 

遠くの方のプラカードに「ワクチン強制反対」とかかれていますね。

 

そしてパース。

 

自由のために立ち上がる!ビクトリア、我々がついている

 

 

ビクトリアに自由を

「安全」のために自由を放棄したら、どちらも失う結果になる

ロックダウンはウイルス以上の死を招く

ロックダウンを終わらせることで命を救おう

 

 

致死性の高い病気だったらやってることは納得だけども

 

色々、噓がばれてきた新コロちゃん。

私も当初は本当にコワイ病気だと思っていたので、オーストラリアのやっていることは正しいし、頼もしいと思っていました。

 

でも、そうじゃないよね?

 

そのアンバランスさ、どう考えても大した病気をもたらすと思えないものに、大袈裟に人の自由を奪い、経済を破壊しているよね?

 

私の大好きなてきとーChさんの動画です。
てきとーな感じで色々説明してくれてわかりやすい。

 

というわけで、本日もお読みいただき、ありがとうございました!