恋愛期に陥りやすい、5つの落とし穴と相手の人柄を判断する3つの材料とは

ゆるく海外で婚活中のアラフィフの筆者、夢子です。更年期のせいなのかなんなのか、私には恋愛初期のホルモンのお陰で陥る、ときめきが大きすぎて本当の相手が見えない、ということが全く起こらない今日この頃。じゃあ一体、何が決めてになるの?と言えば、私の場合はもう、単純に老後を一緒に過ごしてくれる人かどうか?という見極めだけという寂しい状況となっています。
しかしそんな私の状況はさておき、今日はホルモンのせいでおこる「大ときめき期に陥りやすい5つの落とし穴と、ときめきすぎて恋は盲目中でも判断できる3つの材料についてです。

恋愛期に陥りやすい5つの落とし穴とは

 

生涯のパートナーを見つけるのに、陥りやすい罠5つ

1.恋愛の初期段階でときめきすぎ、理由もなく運命の相手と思い込んでしまう
恋愛初期には、ホルモンのお陰で、脳がドラッグでハイになっているのと同じ状態になっています。なぜかわからないけど強烈に好き、という状態なら、結婚などへ早急に進むのは得策ではないかも。
ホルモンの分泌がおさまって、本当の相手が見えてくるのは大体一年後とか。めくるめく恋愛に溺れるのはもちろんよいけれど、勢いでそのままゴールイン、よりは少し冷静になれるまで待ったほうが…、というのは、どの年齢にもいえることなのかもしれません。
ただし、アラフィフともなると、そもそも相手を猛烈に好きになるだけのホルモンが脳内に出てこないのかも、と筆者は実感として感じます。なので、そういう人が現れたら、むしろ
「何を待ってるの?」と逆に思います。相手も同じ気持ちなら、とっととGOでしょう。いくら100歳時代と勝手に言っても、我々に残された健康寿命はそんなに長くない。

 

2.問題が見えているのに、目をつぶってしまう
これはよくある恋愛状態の話ですよね。相手と自分の関係性、相性などに問題があるのはわかっていたり、もっと悪いのは、相手自体に問題があるのがわかっているのに目を瞑ってしまうという場合。小室さんと眞子様のような感じかも?若い人ばかりそうなるとは限らない、酸いも甘いもかみ分けたはずのアラフィフでも、普通に起こること。まあ、人間、そんなに学ばないっていうことなのかもしれないです。特に恋愛脳になると、相手の問題は小さく見えてしまうものなので要注意。

 

3. 依存度の高い相手を選んでしまう
男女とも、依存してくる相手をほうっておけない気がして、また逆に自分だけを見てくれている気がして自立して冷静な人よりも精神的にべったりの、依存度の高い相手を選んでしまうかも?しかしこれは最終的には依存される側がいやになってしまう可能性大。
特に、もともとの性格や生い立ちもあるかもしれませんが、よくあるのは、相手が前の彼氏や彼女との別れから立ち直れていない場合。離別の痛みから回復するには、その人と共にした年月の一割の長さが必要なのだそうです。毎日電話してくれる、ラインがくると喜んでいたら、ただの依存だった、というのはのちのち依存される側が辛くなるので見極めが大切ですね。

 

4. 全てを相手に合わせようとしてしまう
これも本当によくないパターン。相手に好かれようとしてついつい合わせてしまうというのは日本女子にはよくあることだと思います。特に脳内に恋愛ホルモンが充満していたらなおさら。嫌われたくない、好かれたいという気持ちだけでなく、合わせるのが当たり前、という思い込みも女性の場合はあるかも。特に海外など、郷にいれば郷に従えで、何も知らずに全力で合わせようとしすぎると、だんだんうつ状態になったり、恨みがましい気持ちや怒りがこみあげてくるようになります。
意見の衝突なども避けようとしないことが大切。結局のところ、全てがお互い一致するなんてないし、意見の衝突のたった一度の喧嘩で壊れてしまうものなら、その程度の関係、ということですよね。

 

5. 相手を変えようとする。
これは絶対にご法度で、変えようとすると最終的にはうざがられるし、喧嘩が絶えなくなります。その喧嘩の元は、相手を変えようとする自分にあるということに、なかなか気づけなかったりします。相手を尊重し、変えられるのは相手ではなく、自分ということを肝に銘じるのが結局は必要なんですよね。それにどのみち相手は変わりません。
相手の華麗な恋愛遍歴(あるなら)を聞いて「今までの女性とは私は違う。自分だったら変わってくれる」と思うのは勝手ですけど。これに似たものに「子供ができたら変わってくれる」という女性側の楽観論というのもありますが、これは似ているけど別の話ですね。

 

恋は盲目中だからこそ必要。相手の人柄チェックの材料

 

これもまたよく言われることですが、簡単に人柄がチェックできます。実際のところ、人柄のいい人と一緒になったほうが、お金のある悪人と一緒になるよりずっと益のある生活が送れると私は思います。

 

相手の人柄はここでチェックする、3つの項目
1.他人への接し方
2.言葉と行動
3.つきあっている友達

1.他人への接し方
これが一番、指標になるかと。友人、親戚、同僚、お店の店員、レストランのウエイトレス、こういう人たちに対する態度が横柄でないか?動物に対して優しいか?
その接し方が、そのうち自分に向けられると思うほうが無難です

2.言葉と行動
言ったことと実際の行動に乖離がないか?行動は噓をつけないので、言葉より行動で相手をチェック。

 

3.つきあっている友達
相手の友達はどんな人か、どんな友人がいるか?あるいは、全く友人のいない人もいます。(しかし友人がいないことでその人がダメな人と決断を下すのは早計ではあります。まあ普通に友人はいて欲しいものですが)
友達だけで判断できるものではないですが、材料となるのは確か。

 

参考:セックスをしたがる男、愛を求める女

 

いかがでしたでしょうか?

 

むしろ恋愛ホルモンがでてもらいたい私としては、恋は盲目状態になって勢いで結婚したいぐらいなのですがね。

 

しかしほとんどの恋愛中の人は恋愛初期に、恋は盲目状態に一度はなるのでしょうから、参考にしていただければ幸いです。そうなれる人が本当に羨ましいアラフィフの私です。

 

という訳で、本日もお読みいただき、ありがとうございました!