実はひとクセある人を口癖で見抜く。注意したい7つの口癖キーワード。

なんとなく、無意識について出る口癖。幸せになるための口癖は、あえて口癖にすることによって幸せを呼ぶ呪文のようなものですが、無意識から口をついて出るものがクセになっているなら、そこにはその人の本性、あるいは潜在意識が出ています。これを利用して、相手がどんな人か、ある程度見抜けちゃうんですね。今回は、よくある口癖から相手がどんな人か、見抜く方法をご紹介します。

 

本性が出るキーワード、良い口癖から要注意なものまで。

 

「要するに」が口癖の人

 

要するに、のあとはその前に話された話の要約が入るわけですが、必ずしもちゃんとした要約が出てくるとは限りません。

 

自分の話を「要するに」とうまくまとめられるのならいいのですが、相手の話に対して「要するに」と続ける人は、かなりの仕切りやさん。

 

あなたの言うことを簡潔にまとめてあげるよ、という意識なので若干上から目線ですよね。

 

自己主張も激しいタイプで、自己中心的な部分も多いかもです。年配男性に多いかも?

 

全然違う方向に要約したり、「要するに」の後が要約でなく長たらしい、という人は自己中確率と俺様確率かなり高し。

 

 

「というか」が口癖の人。

 

「というか」は、相手の言葉を受けて、反対意見や違う意見を言うときの枕詞のようなもの。

 

というわけで、「というか」が口癖の人は、自分の意見をはっきり言わないと気がすまない特徴があります。

 

本当に意見の相違がある時に使う人はまだいいのですが、実際の主旨は全く同じなのに「というか」を連発する人はかなりクセ者。

 

細かい言い回しにこだわって、内容は同じという面倒なタイプなので、こちらも要注意人物です。うまくあわせて、とっとと話を切り上げるに限ります。

 

 

「そうですね」のあと、相手と全く違う意見を言う人。

 

これは今回ご紹介する中で唯一、いい人のキーワードです。

 

「そうですね」は相手の言うことを理解していますし、賛成です、という意味の言葉。

 

当然、「そうですね」の後、同意見を言うのかと思ったら、その後で違う意見を言う人もいます。

 

こういう人は協調性に優れた人が多く、一般的に対立を好まず、穏やかで、リーダーシップを発揮できる、信頼できるタイプの人が多いです。

 

相手の気持ちを逆撫でしない配慮があります。

 

「というか」は攻撃性の高い言葉で、人に煙たがられるのに対し、「そうですね」で受けられる人は会話をコントロールでき、相手からも好かれます

 

 

「なるほど」が口癖の人は、相手の話は上の空のこと多し。

 

なるほど、とは、腑に落ちた、本当にその通りだと思う、など、相手の言ったことに感心したときに使うことが多いもの。

 

でも、本当に相手の言葉に感心したとき、「なーるーほーどー!!」と自分の感情を込めて言うなら別ですが(私がそうです)、

 

軽く「なるほど」と相槌のごとく言うのがクセな人は、実は相手の言うことは軽く考えていて、しっかり内容を把握する気もなく話を切り上げたいだけ、という場合が多いです。

 

そして、全く違う自分の話を始めると人も多いです。これをしょっちゅうやる人は、自分の話がしたいだけの人。

 

ですが、相手の話が長すぎるなどの時には、普通の人でも使いますよね。

 

相手の話が長すぎる場合、「なるほど」の一言の後、電光石火で自分が話し始めないと、またまた話を延々聞かされて辟易する場合がありますから。

 

 

できれば距離を置きたい人は、口癖で見えてくる。
子供っぽさ全開の口癖とは。

 

「だから」が口癖の人は、自己主張が強く、子供っぽい

 

絶対に譲らないタイプの人の口癖がこれですね。自分が一番正しいと思っていますし、「その通りです」と相手が認めてくれるまで延々主張し続けることが多いです。

 

コールセンターで文句を言って、「だから!」「あんたじゃ話にならないから上司に代わってよ」などと言うタイプ。

 

筆者はコールセンターで働いたことがあるので、この手のおじさんには本当に弱りました。(「だから」が口癖の人はおじさんが多いです。が、女性もいます。)

 

大人なら、自分の主張が正しくても認められないこともあるとわかっていますし、自慢などするのも馬鹿らしいと思うものですが、そういうことが理解できない幼稚な人、

 

という感じでしょうか。

 

 

だーかーらー。もうーーー。上司だせ。

 

 

「常識でしょう」が口癖の人

 

怖いです、この手の人。大人なら、常識と言うものが実はもろいもので、ときに自分の周りにしか通用しなかったりするものという認識があります。

 

場所や層が違えば、違う「常識」が存在するということがわかっているのが大人です。それをあえて、相手を批判する時に「こんなのは常識だ。そんなことも知らないのか」とか

 

「非常識にもほどがある」と実は自分の範囲のやり方でしかない「常識」を伝家の宝刀のように振りかざすのは、かなり子供っぽい精神の持ち主と言わざるをえません。

 

常識とは常に変化していくものであり、場所だけでなく、時代が変われば変わるものですから。

 

これを言われると、相手は唖然とし、議論さえできなくなります。取り付く島がないタイプです。

 

 

「絶対に○○する」という宣言をする人は子供っぽい

 

これはまだ可愛いほうですよね。「絶対に○○する」という絶対に、というのはその時の意気込みを示しているとは思うのですが…。その宣言はたいがい、三日坊主で終わりますよね、という…。

 

本当にやる人は大体、不言実行です。宣言しないといけないというのは、意志の弱さを表しているのかも。

 

いかがでしたでしょうか?

 

口癖で、おもいのほか、本性が暴けてしまうものですね。そして口癖がなおれば、思考が変わり、行動まで変わるという不思議な現象が起きるのも事実。

 

今回は、やっかいな人を見抜く、キーワード口癖をご紹介しました。

 

お読みいただき、ありがとうございました!