関係ないけど、アラフィフなのに無職の現状

 

皆さんこんにちは、アラフィフ無職の十七夜夢子です。現在、オーストラリアで暮らしているのですが、
やっと失業保険が下りる見通し。これで一息つけます。
思えば、もう待機期間が4ヶ月!!なんだか、仕事が見つかりそうもないので、
掃除のオバサンでもやろうかと考えております。あ、しまった、オバサンと自分のことを言ってしまった。
前言撤回、まるっと撤回。なぜならば…本日のテーマが、

いかにして細胞から若返るか」だからです。

 

斉藤一人さんも実践。単純だから、やらなきゃ損!若く見える人達の秘密、年齢を勝手に自分で決める会。

 

斉藤一人さんというのは、高額納税者日本一を連続でとり続け、
ついに高額納税者の発表自体がなくなってしまったという、銀座まるかんの創設者。

面白くてためになる本だけでなく、テープがCDになり、最近はYoutubeにたくさんお話がアップされています。

さて、そのお話の中で、絶対顔出ししないけど、実はイケメンで白髪もほぼない(当時)
という一人さんの若く見える秘訣、というものがあり、私はものすごく納得したのです。

 

それは何かというと…。

 

自分の年齢は自分で決めてしまう

 

これだけです。

 

一人さんと、一番弟子の恵美子社長も自分の年齢を勝手に決める会に入っていて、
一人さんは自分は27歳ということにしているらしい。

 

理由は、30歳だと分別くさくしないといけない気がするから。分別が嫌いだから。
ちなみに、恵美子さんは18歳

 

秘訣はこうです。

1. 心の中で自分は何歳だ、と好きな年齢を決める。
2. 誰に年齢を聞かれても、絶対に本当の年齢は言ってはいけない。
3.何なら冗談めかして「年齢を勝手に決める会に入ってるから」と好きな年齢を言う。

 

ここの肝は、「絶対に本当の年齢を口に出してはいけない」というところ。
なぜなら、自分が話していることを脳が聞いていて
せっかく「あれ?自分って本当は27歳なんだっけ?」と信じ始めているのに、
「あ、やっぱ50歳だったか」と容易に戻ってしまうからなんだとか。
なので、誰に何と言われようと、本当の年齢を言うのはご法度です。
大体、年を取っていて尊重される社会ならいざ知らず、自らを不利に陥れる
(たとえそれが真実であっても)必要はないかと。

 

しかしこれだけなら、有名人が言っていたから、やってみたら?という
おススメ記事にしかなりません。
私がこの話に腑に落ちたのは、自分の周りに、まさにこういう人がいたからです。

 

だって、私、ハタチだもん。そう言い放つ50歳知人は、お肌すべすべシミなしシワなし。

私の知人に、ものすごく若く見える人がいて、私に直接言ったんじゃないのですが、
別の共通の友人から聞いた話。

何の話になったのか、アラフォーの友人が怒っていたのですが、何かの拍子に
「だって私、ハタチだもん」と件の知人女性は言って、その場がしーんと凍ったそうです。
で、すぐさまその知人女性は、私のアラフォーの友人に向かって
「いやだ、ここ、突っ込みいれるとこよ!面白くない人ね」と笑顔で言ったんですね。
アラフォーの子にしたら
「何言ってるの、このオバサン?しかも私が突っ込まないとか面白くないとか、
私のせいにしないでよ」ってなとこなんですが、
私、夢子はその話を聞いて、心から納得したんです。
その場が凍ろうが年下の友人を怒らせようが、
「だって私、ハタチだもん」
と言う彼女の肌のみずみずしいこと!笑い皺ひとつありません。
たるみもなし。シミもなし。
彼女の年齢を知ってはいても、見た目が若いので、おばさんとはとても思えないですね。
ものすごく得していると思います。

こういう人達に共通していることは、ある意味、「自分は特別だ」と思っている点。
世間にあわせて、年齢相応にする気が、カケラもない。
そして、本当に驚異的に若いです。まさに気はもちよう、
そして言霊のなせる業、と夢子は思っています。

 

もう一人の若く見える58歳女性は、シミ皺なし、たるみなしのお肌だけど、誕生日ごとに若返ると心に決めた人。

 

もう一人、若く見える58歳女性は、透明感のあるお肌の持ち主で
シミなど全くありません。しかし、彼女は微笑みながら、
アラフィフだった当時の写真を私に見せてくれました。
その写真に写っていたのは、シミなどはないものの、無残にも垂れ下がった両頬。
「私はこの時、心に決めたんです。次の誕生日から私は一歳ずつ若返るって。
だから、私は今、42歳なんです」
彼女は、自分の若さの秘訣はこれだけだ、と笑っていました。

信じられませんか?だって簡単すぎますもんね。
世間がせっせと
「おまえは若くない~!!」といちいち思い出させてくれているなか、
「いや、私って本当は27歳だから」
と思うだけで、肌が若返るなんて。

でもやってみる価値あると思いません?

というわけで、

 

若く見えるまとめ

 

1. 自分の年齢は自分が決めると心で決める。実際に好きな年齢を思い浮かべる。
2. 誰に聞かれても絶対に自分の本当の年齢は言わない。脳に悟らせない。
3. 年齢に関してその場を凍らせても、気にしない。自分優先。(でもわざわざ自分は20歳と言って笑いを取る必要もない)
4. それが難しい場合は、これから一歳ずつ若返るんだと心に誓う。そのように誕生日を祝う。

 

夢子もせっかくオーストラリアに今いるので、自分はまだ27歳だと思って生きて行こうと思います。

 

皆さんは何歳がいいですか?

 

次回もまた、年齢が驚異的に若い人の話、今度は好きなことをやっている時間が長いほど時間が経たずいつまでも若いの法則、です。

 

それではまた!