アラフィフがマレーシアへ就職活動へ?吉と出るか凶と出るか?

皆さま、こんにちは。 現在、機上の人となっている筆者です。 マレーシアに就職しようか? というのが本格化し(自分の中で) とりあえず行って見ないと始まらないか?と思い、はるばる?オーストラリアよりクアラルンプールへ向けて飛んでおります。
今回は、マレーシアちょっと見道中についてです。

 

エアアジアのあまりの安さに、国際線ということを忘れる。

 

 

びっくりしました。エアアジアのチケットが、マレーシア―シドニー間とシドニー―パース間が金額が余り変わりません。500ドル以内で往復チケットが買えてしまいました。
シドニー―パース間だと4時間、マレーシアまでだと7時間半。

この金額の安さに頭が騙されてしまい、国内線のごとく気楽な気持ちで旅立ってしまいまいした。

 

しかしエアアジア。

 

昔はよく、同じ格安航空会社のジェットスターを使っていた故、(現在では日本への直行便が非常に充ししかも安いので使わなくなりました) LCCはよくわかっているつもりでしたが、機内食がないことなどすっかり忘れていて 慌てて予約し直したりしました。

 

機内食は、ネットでオススメされた?チキンラザニアを頼み、まあまあ美味しかったです。

 

しかし、ラザニアのほかにデザートとかサラダがついていると勝手に思っていて 6ドル40なんて安いなあと思っていたら本当にラザニア単体しかでなくてびっくり。 マレーシアの航空会社だから安いのかな~なんて甘かったです。ジェットスターの機内食 は15ドル以上?した気がするのでそれでも安いんですけれどもね。

 

帰りはチキンライスにしてしまいましたが、これだと野菜がまったくない。 しかし考えたら、帰りはどこかで何かを買って持ち込むことができるわけだから(ホームページで禁止されていた気がするのですが堂々と持ち込ん食べている人を見かけました )別に事前予約いらなかったのか??と思いました。

 

 

私のオーストラリア在住の日本人の友人たちのマレーシア就職あるいは移住への感想をまとめるとネガティブ反応が大半。

 

オーストラリアは、昔はもっと田舎でしたが、少しずつ都会化しています。

 

また、ある意味日本より進んでいる面もあります。 労働条件のよさとか、福祉はもともと良かったけど、キャッシュレス社会な点とか 主にネット関係(ネットの実際的な速さではなく)が進んでいます。

 

まあもっと細かいことでいえば、カフェ文化やワイン文化の豊かさとか。

日本にスタバ様が上陸して大騒ぎになる前から オーストラリアでスタバは悪戦苦闘していましたし、 (オーストラリアではスタバは美味しくないコーヒーの代名詞なのです)美味しいイタリアンコーヒーに関してものすごく先を行っていました。今もそうですね。

 

ま、それはともかく。

 

しかしいつまでたっても公共交通機関が車より遅いとか、どうしても 日本より遅れている感が否めないオーストラリア。

 

それでも先進国のはしくれ、 英語圏のはしくれ。?だからなのか??

 

友人皆、一様に 「本気で先進国以外の国に住むつもりなのか?」とか 「オーストラリアは物価高いけど給料も高いのにわざわざ給料の低い国へ?」 「衛生面は大丈夫なのか?」 「犯罪率はどうなのか?」 「年金はどうする?」などなどなど反対9賛成1ぐらいの割合です。

 

至極ごもっとも。

 

でも私は結構、アジアが好きなんですよね~、特にバリ。

バリだと、夜、エアコンをかける必要性を感じませんでした。日本ほどの暑さではない、とマレーシアについても期待しています。

 

まあそもそもオーストラリアに来ている人たちは 英語に興味があり、欧米に興味があるというか白人好きというか、そういう人たちが多いのは確か。 中には白人になりたい、英語も日本語なんか忘れていいから外人みたいに話したい。 そういう人もいて、(まあなれないんですけどね) だからよく、ものすごく多い移民を見て「自分もアジアンなんだけど、初めてオーストラリ ア来て、白人ばかりの国と思っていたからものすごショックを受けた」 という意見が出てきたりしますね。

 

かく言う私は、オージーのモラル?とでも言いますか、ものすごくフェアなところとかが ある意味、日本より進んでいる考え方だな、と感銘を受けることが多いんです。信用できるといいますか。ルール第一主義と言いますか。

 

そういう点で住みやすい。

 

(例えば和第一主義の日本人だと、誰かの犠牲の上にでも和を大切にしようとする傾向がありますよね。でもオージーは誰かの犠牲というのをまず好みません。なので、私さえ我慢すれば、と我慢させられるということがありがたいことにレアです。アラフィフ以上の女性って結構、無視されがちな気しますが、年齢サベツもなく公平なので、20台の女の子 の言うことばかり優先されるということはないですね)

 

 

オーストラリアでの人間関係は完全に凝り固まって退屈している私。

 

ただ、私の個人的な生活については やっぱり私はあまり白人に魅力を感じない。かといって黒人にも魅力感じない。 日本人がいいけど、日本人男性が極端に少ない、あるいは独身はほぼ全くいない。(アラフィフだけど独身なんです)

 

ということで、生活がつまらん!! という悩みを抱えていたわけです。 これに加わったのが 仕事がない!! といいうやつなといいうやつなんですけどもね。

 

まあ、というわけで今はとりあえずマレーシアがどんなところか見に行こと思っています。 ブログとか見ていると、結構、男性がマレーシア在住で情報発信していますよね。

 

面白い人たちに出会えたら、オーストラリアじゃなくマレーシアに移住しても構わないのかも??? と、まあこんな気分で、更年期の無気力から少しだけ上がり気味の心理状態 です。

 

また、道中のハプニングをいろいろ書いていきたいと思います。