アラフィフにして迷わず?人生の指針、珠玉のブッダの言葉に自分の現状を重ね合わせる

みなさん、こんにちは、アラフィフ独身でシェアハウスに住んでいる夢子です。本日は、ブッダ、お釈迦様の人生の指針についてのお言葉集について。ブッダの言葉というととっつきにくく、説教くさいのではないかと思いがちですが、非常に実践的でわかりやすい。いたく感銘を受けてしまったので、自分のシェアハウスの奇天烈な現状と照らし合わせて、皆様にシェアできればと思います。

 

お釈迦様の言葉。心、考えについて

 

私達が考えるものに、私達はなるのだ。

引用 Brainy Quote

 

いきなりですが、

 

深い、深すぎる。

 

ほかにも、

 

心が全て。あなたが考えるものにあなたはなる。

引用 Brainy Quote

 

というものもあります。

 

ブッダは心が現実を作っていくということを何千年も前に既に教えていたんですよね。今でこそ、信じる信じないは別にして、聞きなれたフレーズになってはいますが、やはりブッダ、只者ではない。(当たり前か)

 

うぬぼれるということも、実はよいことなのではと私は思っています。自分って結構いけてると思えるということ自体が、実は健全な自己愛だと思うんですよ。

自分を嫌うな、自分が嫌いな人には彼氏ができない、とか、自分が嫌いな人には自分を嫌う彼氏ができるとか、よく聞きますよね。え、聞かない?

 

なので、私が婚活しに日本に戻った際、ものすごい年齢サベツにショックを受けたのですが、そのせいで自分のことをよいとか、素敵とか、戻った当初のようには思えなくなって、最後は病気になってしまいました。(あっ、自分を素敵とか言ってやがるという外野の声が聞こえるー。ゴメンなさい、ただの言葉のあやです)
病気になったからオーストラリアに戻ろうと思ったわけではなく、カンで、
自分をこんなに駄目だと思うなんて辛すぎてやっていけない」というのと
自分をこんなに駄目だと思っているのに婚活でいい人なんか引き寄せられない」と思ったから、日本から退散してしまいました。

 

 

お釈迦様の言葉。言葉について

 

何千もの空虚な言葉を費やすよりも、平安をもたらすたった一つの言葉が勝る

引用 Brainy Quote

 

 

 

だよな~、って、かみ締めたくなる言葉ですよね。

 

お釈迦様の教えを軽いものにするつもりはないのですが、私のしょうもない経験から。

 

婚活で出会ったローカル男性がめちゃめちゃよく話す人。そもそもオージーって沈黙が怖いのでしょうが、切れ間なくオチなくどうでもいいことを延々と話す人が多い。普通の日本人は、会話のキャッチボールをしてもらえず、話させてもらえないことに不満を感じます。話を取られてしまうこともしばしば。
相手がノンネイティブだとわかっていても、そこまで自分本位に話せるものかな?と思うんですよ。
日本人の場合は、沈黙は金なところがあるので、沈黙自体は恐れないのではないでしょうか?
一言、安心できる言葉が出てくれば、それで信頼がぐっと増すと思うのですがね…。

 

 

お釈迦様の言葉。気持ちについて

 

愚かな人は自ら自分の気持ちを暗くします。賢者は自ら明るくしようと努めます。

 

引用 いいことがいっぱい起こる!ブッダの言葉

 

 

この言葉、実はものすごく重要だと思います。

これって、噛み砕いて言うと、「自分にとってよくないこと、わざわざ起こりそうにもない心配ごとをして自分の気分を暗くするとかはやめて、もっと自分がいま、実は享受している素晴らしいことを見て満足したり、希望を常に持ち続けなさい」ということだと解釈できます。なぜか私達って、「暗く考えろ」と洗脳されている気がするんですよ。
「あなたのココが駄目ですよ」みたいな。

 

例えば「そんなんでいいの?」と言ってきてこちらを不安にさせる人。
私は無職だけどのんびりしていると「大変だね」「そんなんでどうするの?」と言ってくる人がいる。独身だし「そんなんでいいの?老後どうするの?子供もいないんでしょ?」って。

そういわれて「心配しないといけないのかな」と口車に乗って、「そういえば自分ってこれもないしあれもないし、どうしよう」と思っていたときもありました。
でも今は、まあ別に、自分はいいもの(健康とか美貌とか笑 ?です)持ってるし、いいやって思えるように。

 

人にわざわざ言わなくていいけれど、「自分はこういういいものがある」と自信を持って心明るく生きる。どうせ人間、お金持ちだろうがなんだろうが、最後は皆、一人で死ぬしかない。笑

その時には、財産があったところで、あの世に持ってはいけないわけだし。

 

また、他にもこんなのがあるそうです。

 

 

この世には、誰からも非難されない人などいません。黙っていても非難され、多くを語っても非難され、少し語っても非難されるのです

 

引用 いいことがいっぱい起こる!ブッダの言葉

 

 

 

なんだかほっとしますね。

非難されないように生きろ、と言われるより、ずっと現実的で。ありがとう、お釈迦様。

 

 

結婚のことなのでは、と私が思うお釈迦様の言葉

 

旅に出る時には、自分より優れた者と行きなさい。もし自分より優れた人や、同じくらいの人がいなかったら、キッパリと一人で行きなさい。愚かな人と一緒に行ってはいけません。

引用 いいことがいっぱい起こる!ブッダの言葉

 

キッパリと、今、一人で生きております、人生という名の旅路を…。

 

自分は正しい、と一人納得。

 

 

愚かな人と、ともに過ごせば、心をひどく乱されます。それは仇敵と一緒に暮らすのと同じくらい、辛いことです。聡明でまじめに生活している人をパートナーにすれば、自分自身にも、幸運が訪れます。

引用 いいことがいっぱい起こる!ブッダの言葉

 

 

これももちろん、結婚のことのようにも取れますが、私のようなシェアハウスに住んでいる者にもものすごく当てはまる気がします。

 

以下、シェアハウスの話。

最近、うちのシェアハウスのシェアメイトのAちゃんが、ローカル男性と付き合い始めたことで、急に裸族オーナーに超反抗的態度を取り、細かい家のルールをわざと破るように。うちが築150年の元豪邸ということもあり、ちょっとした不注意で家に壊滅的ダメージを与えてしまうので、(部屋にカビが生えたら修復に2000ドルかかるかも、など)裸族オーナーは可愛がっていた彼女の変わりようと部屋のダメージを心配しすぎて憔悴。動転しすぎて、夜、なんと自分の車三台を自分の家の駐車場で自分で玉突き事故を起こすという失態を犯してしまいました。本人はかすり傷だけで無事。

Aちゃんは悪気がある人で、私のないことないことを吹聴し、悪口を散々言って追い出そうと画策したり、とにかく精神が極悪人なのですが、表面上は部屋に閉じこもっていて何も話にも来ないので、表面的には平和なはずなんですよ。

 

でも、そうは問屋がおろさない。

 

こういう人は本当に、その毒が伝線していくというか、当事者同士だけでなくて、高みの見物(今回は)を決め込んでいたはずの私にまで、害が及ぶんですよね。人の不愉快な気持ちというのはどんどん伝線して、いやな雰囲気をかもし出します。裸族オーナーはAちゃんに相手にされなくなって、今度は私にハグしてくれ、と言ってきたり(実際、胴体超密着のハグをさせられてしまった)、いちいち料理中にガスの火の大きさにまで口出ししてきたり。

 

おい、それってtoo much to askじゃないのか?

 

境界線は、どこ。

 

愚かな人と、ともに過ごせば、心をひどく乱されます。それは仇敵と一緒に暮らすのと同じくらい、辛いことです。

引用 いいことがいっぱい起こる!ブッダの言葉

 

まさに、私は愚かな人(Aちゃん)と過ごして心を乱されている状態。仇敵と一緒に暮らすのと同じくらい辛いこと、というのも、心から納得です。だって気持ち悪いんですもん。Aちゃんは私を、インド人の愛人だったと言いふらしたり。あの人、友達いないですよ、と言いふらしたり。本当に意味不明。

 

確かに表面上は何も起こっていないです。

 

でも

「この人って私を追い出そうとして陥れようとしたんだよな」「わたしのないことないこと言ってたんだよな」と思うと、仇敵認定せざるを得ない気分に。

 

(私を追い出そうとしたブーメランで、彼女は追い出されるのか~)と因果応報に感慨深かったのですが、どうもそう簡単には行かないようで、Aちゃんはいやいやハグを強要されていたことなどを訴えられる立場にいるとローカルの彼氏から吹聴されているようです。(いやだったかもだけど、毎回、ノリノリに乗ってみせたのも事実なのにな)

 

こんな極悪人のAちゃんですが、悪人ゆえに、訴えてお金をもぎとろうと思っていてもおかしくないんですよね~。こういうセクハラ系は、大体被害者の方が勝ち、今までのケースでは15000ドルぐらい払われたものもあるそう。

 

ああ、真面目で聡明なシェアメイトのいるシェアハウスに引っ越して心安らかになりたい。

 

というわけで、私も、すぐ引っ越すべきなのかもしれません。お釈迦様はこうもおっしゃってますので。

 

遠ざけねばならないことを遠ざけない人は、悪い道へと進んでいきます。

引用 いいことがいっぱい起こる!ブッダの言葉

 

 

 

私だ。裸族オーナーも遠ざけねば。自称ヌーディストだけど、要するに女子の前で(上着でほんのり隠れてはいるけど)振りチンで歩いてるセクハラ男。

ビクトリアンスタイルの元豪邸に格安で住めるという、いわば餌につられて我慢しているようなもの。やはり、得したいという私の考えは程度の差こそあれ、皆と同じなのかもです。

 

 

既婚だけど彼氏ができてコソコソ自分の動向を必死で隠そうとしているAちゃんにしても、
セクハラ・ハグ強要・裸族オーナーにしても、隠蔽しようとしたら何とかなるというものではない。

 

 

最後にお釈迦様のこんなお言葉を。

世の中には、絶対に長く隠しておけない三つのものがある。太陽、月、そして真実だ

引用 Brainy Quote

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!