超乾燥地獄のオーストラリアで私が使った、美容と健康におススメのオイル

みなさん、こんにちは、アラフィフの夢子です。私が使ったって言われても、って感じだと追うんですが、何気にこれいいなあ、と普段使っているオイルについてご紹介しようと思います。オーストラリアの超乾燥、強烈紫外線をサバイブする、とっておきオイルたちですよ。

 

超乾燥地獄でぼろぼろになった私の肌を救ってくれたホホバオイル

 

黄金色のものがよろしいかと。

 

7月、湿気たっぷりの日本から、冬で極乾燥のオーストラリアに来たとたん、肌がぼろぼろ、シワシワになりました。ものすごく焦って薬局に行き、保湿用の軟膏を何本も試しましたが、ほとんど回復せず。そんな私の肌を救ってくれたのが、騙されたと思って買ってみたホホバオイル。ホホバには、35万種以上の植物の中でダントツに保有していると言われている、ワックスエステルという人間の肌と同じ成分が含まれています。保湿性が非常に高く、紫外線などの防止や肌のバリア機能を正常な状態に持っていってくれる優れもの。シドニーの冬は本当に乾燥が激しく、肌から水分が空気中に蒸発しているのじゃないかと思えるほどで、知らないうちに唇がパリっと割れます。笑 また、アトピーやにきびの緩和にも効果があります。

ホホバはやっぱりちょっと高価に思えて、私自身はそれ以降買ってはいないのですが、日本ではありえない乾燥地獄を体験し、日本製クリームが全く役に立たなかった時に使って感銘を受けたので、乾燥に悩む方には化粧水なしで直接つける方法で試してもらいたいな、と思います。私としてはかなり救急用のオイルです。

 

 

かなり長い間、化粧水もなくこれ一本で通して全然OKだったエミューオイル

 

次に私が長年、化粧水もやめて肌に直接つけて満足していたのが、エミューオイル。エミューオイルは真皮まで届いて、レーテ層という真皮の厚さを補強するといわれています。シミ、シワなども30%改善されたとか、マウスを使った実験で、毛が生えてきたとか、さまざまな効果が報告されています。

いつも馬油と比較されるエミューさん

 

私はエミューオイルはやはり、塗ると関節痛、筋肉痛にも効く、傷跡の修復ができる、やけどに効くという点で万能感が高く、長年愛用していました。抗菌作用もあるので、にきびなどにも効果があります。また、抜け毛防止にも。

 

たった一つ、欠点があるとすれば、エミューオイルは冬、容器の中で固まってしまうので湯せんのように温めてから使う必要があること、もう一つは、ちょっと獣っぽいニオイがすること。(一つでなくて二つですがね、これでは。最初の一つ目は大した欠点ではないかなと)
私は、エミューオイルはどろっとしているので他のオイルと比べて混ざりにくいですが、好きな香りのエッセンシャルオイルを入れて混ぜ、匂いを緩和させて使っていました。
しかしこの匂いも、気にならない人は、全く気にならないのでは、と思います。

 

 

最近、使い始めたマカダミアナッツオイルの効能と期待

 

大好きすぎるマカダミアナッツ。

 

マカダミアナッツオイルは最近、クレンジングに使い始めたのですが、もしかしたらクレンジングにはあまり向かないオイルなのかも。なぜかというと、バニシングオイルと呼ばれる、あっという間に肌に浸透して肌表面にいつまでも残らないオイルだからなんです。
マカダミアオイルの効能としては、30代後半を境に減少すると言われている、パルミトレイン酸が、他のオイルとは比べ物にならないほど多く含まれているという点。まさにアンチエイジングにもってこいのオイルなのでは、と密かに期待しております。(まだ使い始めて一週間なので効果は不明です)
その他のオイルと同じように、保湿、紫外線防止、傷跡の修復などに優れているといわれています。

 

 

虫歯、風邪予防のうがい、その他抗菌のためのティーツリーオイル

 

私のリステリン代わりは、水とティーツリーオイルです。でも、普通は内服しないように、と書かれています。自己責任でお願いします。
ティーツリーオイルは何でも殺菌してくれるので、オーストラリアには(最近は増えてきましたが)あまりない、抗菌のウエットティッシュ代わりに、私はこのティーツリーオイルをなんにでも使います。にきびの殺菌にもなりますし、私のように口腔内の殺菌にも効果を発揮。これ一本あれば何でも使えて、それに最後は揮発してしまうので、化学洗剤のようにいつまでも残っているということがないため、安心しています。

 

 

ドライアイ予防に目にたまに点滴しているひましオイル

 

ひましオイルはお肌にもいいし、(シワを軽減してくれるとか保湿によいとか色々効果はあります)、飲むと下剤にもなるし(やったことはありません)、また、ひましオイルパックと言って、布をひましオイルでひたひたにして、それを右わき腹に当てて温めるという温熱療法で、さまざまな病気や疾患が治ると言われています。

 

ひましオイル療法を広めたケイシーさん

 

温めることでデトックスになるようです。そう考えると、オイルというのは、肌から人間の体内部に直接影響を与えるものなのだ、と思いますよね。エミューオイルも、塗るだけで関節痛に効くわけですし。

とにかく、ひましオイルの効能は、ここだけではとても語りつくせません!

 

いいことがたくさんあるひましオイルですが、私が好きでやっているのは、ひましオイル点眼。これでドライアイが改善される、白目部分が白くなる、眼精疲労の回復などの効果が期待できます。また、まつげについたら、まつげが伸びるという声も。

ちなみに点眼用の容器は、例えばこういうところで売ってます。

 

他にも、重曹とまぜてシミやイボをとる、目の下のクマに効くなど、さまざまに効果を発揮します。私も重曹と混ぜたカソーダと呼ばれるクリーム?を自分で作り、シミがかなり改善されました。

 

本当に、ひましオイルはすごいんですよ~。

ひましオイルはどろっとしていて、マカデミアナッツオイルとは全く間逆に、塗ったあとはベタベタしています。

 

いかがでしたでしょうか?
オイルって本当に体にいいんだよな~、といつも思いつつ、色々試している私です。
特にひましオイルと重曹でつくるカソーダでのシミやイボとりは非常に安価なのに効果が感じられるので、ぜひ試してみていただきたいです。あと、ドライアイにはひましオイル。それ以外には対処法がないのでは?と思っています。

 

というわけで、私が普段使っているオイルについてでした。
本日もお読みいただき、ありがとうございました!