なぜそうなる?日本人女性が外国ではハードルを下げまくる理由

みなさんこんにちは、アラフィフ夢子です。婚活も気分だけしております。でも何の行動もしておりません…。はっきり言ってこのやる気のなさは更年期なんじゃないかと。
今回は、自分の婚活は棚に上げ、私のような年齢でもないのに、オーストラリアに来てなぜかハードルを下げまくる日本人女性について書こうと思います。

 

 

なぜ、そこまでハードルを下げるのか?本人に直接聞いてみたい。

 

私が日本人女性がハードルを下げていると実感するのはこんなとき

 

ものすごい白人のおじいさんと若い日本人美女(でもアラサーぐらい)が腕を組んで歩いているのを見るとき
離婚したという若い日本人シングルマザーの相手が20歳以上爺のとき

離婚したというシングルマザーの前の旦那がどこか中東の知らない国出身で離婚理由が働かないだったりするとき

乳飲み子を抱える日本人女性の旦那が蒸発したと聞いたとき(なぜか結構あるからコワい)

普通に若くて綺麗な日本人女性が、容姿が超絶ショボイ白人・中東・ラテン系男性とカップルでラブラブなとき

普通に綺麗な30歳前半ぐらいの日本人女性がおじいさんと…

若くて可愛い日本人女性の相手がハゲや極端なデ…

 

……。

 

もうやめましょう。

 

要するに、相手の男性と日本女性が恐ろしいほど不釣合いなのに、女性が嬉しそうという超アンバランスな時に、痛烈にそう感じます。(相手の男性の方が素敵ということもままありますが、それはまた別の話)

 

女性がどう見ても30代なのにおじいさんとカップルというのが、意外に多くてびっくりします。日本だと絶対しないでしょ!トランプぐらい金持ちだったら知らないけど。

また、働かない男性と、というパターンも多いです。

 

人種は不思議に、白人は多いですが、アングロサクソンの人だけではなく、アジア系、中東系、ラテン系、東ヨーロッパの移民二世なども多くて

もしかして、英語ネイティブだったら何でもOK?と思わせられます。

 

私には、真に恋愛してお似合いの人たちというのは

 

お互い外国人同士でネイティブではない
あるいはお互い日本人同士
年齢がそこそこ釣り合っている
旦那や彼氏がしっかりした仕事をしている

 

という共通点があるかなと思うんですよね。
でももちろん、ネイティブの白人オージーとの真剣交際もありえます。そういう場合は
女の子の方がそこそこの英語力があったり、スノボなどわかりやすく趣味が同じだったり、年齢が釣り合っていたり、また身長が釣り合っているということなどもありますね。

 

釣り合っているというのをなぜわざわざ何度も言うかというと、

やはりどう譲っても釣り合ってないカップルが目に付くからかなと。

釣り合わなさ度が日本で見る100倍はあるので違和感満載です。

 

 

外国に来た日本人女性が、どうしてそこまでハードルを下げるのか、考察してみました

 

私が思う、日本女性がハードルを外国人相手に下げる理由

英語なので相手が実際何を言っているのか、クリアに理解できていない
英語なので相手の人格を見抜けない
文化が違うので「働くよ」「本当は働いている」「本当は稼いでいる」という言葉を噓と気づかず鵜呑みにする
人種が違うので、どの顔も同じかっこよく見えてしまう
人種が違うのでおじいさんなのにかっこよく見えてしまう
おじいさんが口説いてくるなんて思わなくていつの間にか術中にはまる
おじいさんだと思って油断していたらいつの間にかそういう関係に
英語を勉強しに来ているのでネイティブで話を聞いてくれることにありがたみを感じていたらいつの間にかそういう関係に

と、これぐらいかな、と私は思います。
シングルマザーになっている女性が、めちゃめちゃ頭脳明晰な人だったりして、なんでこんなろくでなしの飲んだくれと…?などと思うこともしょっちゅうです。その女性にとってもたぶん黒歴史なんでしょうが…。

 

出会いは大体、ホームステイやらシェアハウスが多く、またパブなども多いです。
最近はオンラインも増えていますが、オンラインは女性側もはっきり意識して婚活しているのでまだマシかな?と思います。

 

 

やっぱり日本語じゃないから見抜けない、甘い罠

 

私が思うに、「英語なので人を見抜けない」「英語のニュアンスがわからない」
「英語なので何でも素敵に思える」
という言語関係がかなり大きな部分を占めているのではと思っています。
そうでなければ、自然発生的な恋愛というなら、もっと、英語が下手な(自分達と同等レベルの英語を話す)アジア系の人とカップルになってもおかしくないかな、なんて思うからです。同じ学校にいたり、職場にいるような人たちで、英語力も同じぐらい。身近な相手ということですよね。実際、英語学校などでは、日本人同士や日本人と韓国人のカップルなどかなり多く出来上がったりしますし。

 

 

 

危険注意! 有限なビザ保持者で英語がうまくない日本人女性は格好の遊び相手。

 

英語がうまくないって、ほとんどの人がそうなんですが、日本人女性、特に若すぎない、三十前後、あるいは三十代ぐらいの女性は要注意だと私は思います。

 

相手の男性は「この子はビザがいついつまでだからそれまでの関係」とむしろやりたい放題です。

私の知り合いの女の子も、彼氏と思ってつきあってはいたのですが学生ビザが切れる直前に
自分も日本に行くから待っていて。婚約者ビザを取ってあげる」と言われ日本に帰らされそれっきり、とか

 

「君のビザがもうこれだけしかないから、しょうがないから最後のお別れの旅行をして素敵な思い出をつくろう」とおじいさんに言われて、二人でアジアを旅行してオワリ、とか
そんな話には枚挙に暇がありません。

 

相手の子のことを本当に好きなら、普通はビザサポートをしようと男性側は思うはず。

でも、例えば「前につきあった外国人の彼女にビザサポートをしちゃったからあと三年はできないんだ」などと言ってきたりするんですよ。

結構、こういうことは最初から言ってきます。

 

結局は、日本人女性が「ここは外国」と思って、開放的な気分になっていること、
それと「外国人はかっこいい」という刷り込みがあるせいではないかな、と思えます。
外国人とつきあっている自分、素敵、みたいな感じでしょうか。

 

あと、日本での常識が海外の非常識だと思えて、郷に入れば郷に従ってるつもりなんだけど、
実は日本の常識が断然正しい、というからくりなのではないかと。

 

おじいさんに、「自分は離婚しているからもう結婚する気もない。君がすぐ日本に帰るのはわかるけど、その間、付き合わない?」と言われて、短い観光ビザの間だけ付き合ったけれど、女性の方は相当悩んでいた、というケースもありました。
なぜイエスというのか不思議なんですが、女性本人はおじいさんを本気で好きになり、本気で悩んでいました。
こういう場合、他に長年オーストラリアに住んでいる日本人か、オージーの友人がいれば、
「そいつはおかしい」とはっきり言ってくれて目が覚めるものだと思うのですが
往々にして、そういう第三者がいなかったりするものなので、
もてあそばれる女子が後を絶たないのかも、と思います。

 

女性自身が、「あれは美しい留学時の思い出」と思えるのなら、それはいいんですけれどもね。

 

・・・というわけで、なぜ日本女性はハードルを下げるのか?についてでした。

 

答えは「ハードルを下げているのに気づかない」
ということなんでしょうね、たぶん。本人が幸せならそれでいいのかもしれないですね。

 

というわけで、いつも感じるもやもやをカタチにしてしましました。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!