英語が話せないのは、聞き取り能力や話す鍛錬が不足しているだけじゃない?英語と日本語は、間逆の言語

英語が話せない理由の一つは、語彙力や聞き取り能力の不足だけではないと思います。確かに日本人の聞き取り能力は結構低い。母音があいうえあしかないので、それ以外の母音を聞き取りにくいですし。でも、さんざん英語も勉強して、話す練習も聞く練習も積んでもやっぱりイマイチ話せないのは、「日本語は言わずもがなの言語」「英語は全部説明しないといけない言語」というコミュニケーション表現のルールの違いにあると思うんです。

そこのところを今日は少し。

 

ローコンテクスト言語とハイコンテクスト言語とは

 

英語はローコンテクスト言語と言われ、日本語はハイテクスト言語と言われています。

 

ローテクスト言語は、その話される目的が主に情報・事実・意見の交換である。

 

ハイコンテクスト言語とは、その主目的は関係性をつくり、発展させていくことにある。文脈的な解釈が必要で、ジェスチャーなど、非言語でより多くのコミュニケーションがなされる。

 

ローコンテクストの特徴

直接的、明快・説明的なコミュニケーション
聞き手は話されたことを額面どおりに受け取るため、責任は話し手側にある
沈黙・寡黙は評価されない
論理的飛躍はNG
聞かれたことに直接的に答える

 

ハイコンテクストの特徴

直接的表現は嫌われ、単純、あるいは凝った描写が歓迎される
話されたことを解釈する責任は聞き手にある
曖昧な表現でもOK、あるいは歓迎される
多く話すことは評価されない
寡黙、沈黙は許される
論理的飛躍はOK
聞かれたことに対しての答えが直接的でなくてもよい

 

ハイコンテクスト文化の国にはヨーロッパよりアジア諸国の方が多く、またさまざまな人種がいない国に多いとされています。

 

 

お借りしております。見てください、日本はダントツトップです。

 

http://www.tcworld.info/e-magazine/business-culture/article/enabling-smooth-translations-from-japanese-into-english/ より

 

 

イギリスより、アメリカの方がローコンクストというのも納得。イギリス映画がそこはかとなく面白いユーモアをかもし出しているのに、同じ英語でないみたいなコミュニケーションの仕方が面白いですよね。

 

また、中国が意外にハイコンテクストというのも注目です。そのせいで、中国人は「オーストラリア人とは違う、合わない」と言って、中国人同士でつるんでるんだな、と思います。彼らは言語上、英語が日本人よりは得意で、オージーの友達なども作っているにもかかわらず、それでも中国人の方がよいと断言します。

 

 

移住先として最適なのはローコンテクスト文化の国

 

なぜか?

すべて説明して喋ってくれるから、新参者にはわかりやすい。逆にハイコンテクスト文化の国は移住しにくいと思われます。京都に普通の地方在住の日本人(江戸っ子も含む)移住しても、イマイチ溶け込みにくくて、移住者同士でコミュニティを作ってしまうのと似ているかも。ま、京都人はそもそも、その場で相手にわからせるほどわかりやすいハイコンテクストではなく、その場は意味がわからないことが、二、三日たてやっとわかる、あるいは一生わからないほどのハイコンテクストぶりではありますが。

 

ハイコンテクスト言語の国でローテクストの調子で喋られると、うるさくて我慢できない。

 

言わずもがなのことを言いまくるので、「ちょっとは黙れ!」と言いたくなる、それがハイコンテクストの言語をローコンテクスト文化出身の人が話している時の現地人の反応だと思います。私も、誰とは言いませんが、とても賢そうな留学生の人が「私は京都大学ですよ」と聞いてもいないのにべらべらと、あまり上手ではない日本語で話された時、いやーな気持ちになりました。一流の大学に留学していると言いたかっただけなのでしょうが、日本人は聞かれても余り言わないですね。それがたしなみなので。

 

私は断然、日本語のハイテクスト文化の方が好きです。ローテキスト文化の人と話すと、むこうは喋りっぱなし、こちらは何もいえないと言うことがよく起こります。だって、言わずもがなのことを相手が喋りまくるので。

こちらは直接的表現がイマイチだと感じ、単純な言い回しや凝った表現が好きなわけですから。

 

日本人は究極のハイコンテクスト文化人、世界のほとんどの人とは議論にならないと思う理由。

 

ローコンテクスト文化の人とは、日本人は基本、議論にならないと思います。何でこの人、

こんなにべらべら喋ってるんだ?とさーっと冷めるし、こちらが「これでどうだ!」と核心をつく一言を言って、相手が「参りました」すると思ったら、それでもあーたらこーたら言われたりするので「話が通じん」と主思うんですよね。同じ舞台に立ってないというか。日本人からすると、「もう言うべきこと〔一言だけど重要で核心をついている〕は言った、これでわからなければ想像力が足らない馬鹿だ」と思うし、ローコンテクストの人からすると「とにかく言い負かさなければ」「沈黙は負け」という思考で一杯になりがち。

日本人は黙ってしまうので相手は勝ったと思うわけですが、そうは問屋がおろさない、それが日本人です。

 

 

オーストラリア人はローコンテクスト文化人、だから付き合いやすい面が多い

 

何でもちゃんと説明してくれて気持ちも説明してくれるオーストラリア人は、非常に付き合いやすいと私は思います。同じ英語を話していても、かなり達者な英語スピーカーでも、移民の人は言うべきことを説明しなかったりして「ミスコミュニケーションだった」などとよくなるんですね。それで、「この人の国の文化のことまで知らないし、興味もないし、旦那でもないからついていけないよ」となってしまう。なので、私はやっぱり、移民ならオーストラリア生まれの二世(要するにオージーですね、つまるところ)から次世代の人とだとまだ話せるけど、一世や、子供の頃にこちらに来た人とはコミュニケーションが難しいなと感じることがあります。あくまで私の感覚ですが。

 

 

いかがでしたでしょうか?

英語環境に身をおいても、イマイチ会話が続かなかったり、気の利いたことがいえない、と悩む必要はないんですよね。だって私達は日本人で、むしろ二重人格のように使い分けられるならいいですが、英語で会話がうまく話せるようになればなるほど、「言わずもがなのことをいちいち説明する海外かぶれの人」みたいなヘンな人になりかねません。

それよりは、私はやっぱり俳句を代表するような、美しい日本語の話者でありたいな、と思うのでした。

 

お読みいただき、ありがとうございました!