• 投稿 2018/03/20
  • 婚活
婚活は日本と海外、そしてアラフォーとアラフィフで違いがあるのか?

アラフィフでもアラカンでも、パートナーを見つけようと婚活パーティやオンラインでの出会いが盛んな現代。アラフィフ独身の筆者、夢子もこの話題には敏感です。(失礼)
今回は、アラフォーとアラフィフの婚活、それから日本と海外での違いを書こうと思います。

 

アラフォーの年下狙いは功を奏する?

私が思う、アラフォーだけど年下狙いの女性は、例外なく

 

美人である
可愛い
魅力がある
とてもその年には見えない、きらきらつやつやな肌と髪
素敵なファッション
お化粧上手
実は年上キラー
自分が好きな人と結婚したいのであって、好きになってくれる人と結婚したいのではない、という確固とした信条がある。
実は人気者で引く手あまた
あるいは、上のどれにもあてはまらなくても本人に根拠のない自信がある。

 

と言うことがあげられるかな、と思います。

なので話を聞いていると、
「贅沢やな~」と感じることも。

 

なぜって年上おじさんにはモテているのがこの手のタイプだから。つくづく、世の中というのはうまくいかないようになっているんでしょうか。

しかし、出産はどうでもいい人はともかく、出産も視野に入れている人なら、(今、相手がいない人の場合)アラフォー女性の、三十代年下男性との恋愛結婚というのは、ちょっとかなりハードルが高いのではないかな、というのが正直なところです。

 

はっきり言って、アラフォー女性は、後がない感が、どれだけ余裕かまそうとも、出てしまうと思います。それは言わずもがなですが出産リミットが近づいているからに他ならない。

 

それならいっそ、アラサーの結婚のけの字も考えていない、年上女性に甘えたいだけの男性にハマるうちに出来婚の方が、可能性がなさそうでありそう。

 

アラフォー女性は、焦っているのがどうしても出てしまうので、これもどうしようもないのですが、婚活、それもアプリなどの出会い系で知り合った年下男性にはものすごく要注意。言いたくないけど、結局、遊ばれてオワリということが、それだけ美人で若く見えて可愛いだけに、断然ありえてしまうんですよね。

 

そもそも、アラフォーでブスで独身は、年下男性なんて絶対タッチしないし、年下男性の方もよってこない。というわけで、美人のアラフォーの皆さんは、悲しい出来事は回避していただきたいです。
絶対に、初日に会って、素敵な彼に会えたと舞い上がってベッドインだけは避けてください。
(しかしアラフォーで年上男性とならそこまで神経質になる必要ないかも)

 

相手が40代だったら、特にアラフォーでも30代女性は人気があります。夢見る50代男性からのアプローチもあると思います。実はまだ選べる立場ということを冷静に考えて幸せを掴んでいただきたい。

 

 

 

アラフィフでも10歳年下の傷ついたバツイチ男性と結婚できる方法

 

バツイチ男性は、基本、結婚したがらないのが海外も日本も同じだと思います。

 

大体二手に分かれるかも。

 

1. 離婚の痛手から立ち直れず、しかしだからこそすぐ別の女性を求める。
2. 離婚の痛手から立ち直れず、独身を謳歌。

 

この二手に分かれるバツイチ男性達ですが、大体40代前半だと独身を貫いて仕事や自由を満喫しますが、アラフィフになってくるとだんだん「これじゃいかん」と思うようです。

 

男性にも、極端な老化がやってくる頃。急にはげてくるとかね。

 

しかしここでもまた男女格差があるのが悲しい現実で、アラフィフ男性(この頃には婚活市場で活動するのはバツイチが多くなる)はアラフィフ女性に見向きもしません。彼らは40代のアラフォー、あるいは財力があって自分に自信のあるアラフィフは30代アラフォー狙いとなります。

 

なので、アラフィフ女性のターゲットはどうしても10歳位年上男性ということに。

ただ、一つだけ例外があって、アラフィフ女性でも、傷ついたバツイチでもう子供はいらない男性をゲットする方法があります。

 

それは、

 

彼の癒しになること。

 

ものすごく大きな心で、彼を包んであげること。

 

あなたなら、できるよ、といつもいつも励ますこと。

 

そうすれば、傷ついたバツイチ男性はイチコロだそう。(経験者談)

 

むしろ、年上女性のほうがよい、ということになるんだそうです。

簡単ですが、でも女性は自分も支えてもらいたいもの。そこをぐっと押さえる、というのはなかなかのワザが必要かと。

 

 

ここに注意。日本と海外の出会い系、婚活の違い

 

意外ではないかもしれませんが、海外では白人が長い黒髪ストレートのブス専ということはおいといて、実は年齢は関係ないと思われる海外でも、やはり若い女性はものすごく有利で、アラフィフならアラカン男性を狙えば問題なし。ただ、日本のように、アラフィフ女性はもう女性として見られないかというとそんなことはないし、見た目は日本にいるとき以上に若く見えるので、日本人女性は年下男性と結婚も夢ではないと思います。

 

ただ一つ、注意が必要なのは、日本のように

 

「つきあいましょう」という、いわゆる告白、というか宣言が一切ないことです。

 

そのせいで、ベッドインのタイミングも計れずに逃してしまったり、逆に軽い女と思われるのではないかとハラハラしたり、一体彼女なのかそうでないのか、全く不明、という宙ぶらりんの時期が続くことが普通です。

 

私の友人は、逆に告られないことに慣れてしまったので、日本人相手に「でも私達はベッドを共にしているのだから彼氏彼女」と思い込んで、逆カルチャーショックで痛い目にあってしまいました。

 

日本人相手の婚活なら「結婚を前提に」という言葉が出てからでないと、と思うアラフォー、アラフィフ女性も多いかもですね。外国人相手にそれは期待できないので、肝に銘じておいてください。

 

というわけで、まだまだ婚活に頑張る同志の皆様。

 

ともに、がんばりましょう~!

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!