イギリスの真の国王?

皆さん、こんにちは、オーストラリアに住む筆者です。

オーストラリアの国家元首はイギリスのエリザベス二世女王ですが、新しく王として名乗りを上げた方がいます。今回は真のイギリス国王についてです。

 

 

噓か真か?イギリスの正当な王として名乗りを上げた
ニュージーランド生まれのジョセフ・グレゴリー・ハレットさん

 

オーストラリアの国家元首だけでなく、カナダ、ニュージーランドの国家元首であるエリザベス女王。在位が歴代君主最長のエリザベス女王。オーストラリアでも女王陛下の誕生日として祝日が設けられています。なぜか州によって祝日がまちまちだけど・・・。

 

私がオーストラリアに来たばかりの今から二十年ぐらい前は、今よりもっと新聞や週刊誌が幅をきかせていて、新聞を売っている小さな商店などで王室関係の記事があるとでかでかと張られていたのを思い出します。

それで、オーストラリアの人って英王室に興味あるんだなあ、などと思っていました。

さて、それはさておき。

 

当事者のグレゴリー・ハレットさんはニュージーランド生まれで、王家関連の著作などをものしてきた方のよう。

 

彼は既に、自身が正当な王位継承者であるという法的書類をバチカンやもちろんエリザベス女王も含む各関係者に送付しているとか。そしてどこからも反論異論がきていない。

 

法的書類はこちらから誰でもダウンロードして見れるようです。

 

 

エリザベス女王はもともと王位継承権がなかった?

 

グレゴリーさんの主張によると・・・。

 

エリザベス女王の祖父、ジョージ五世は非嫡出子であり、エドワード七世の子供ではない。よってエリザベス女王も王位継承権がそもそもない。

 

そして、グレゴリー・ハレットさんは処刑されたと思われていたアン・ブーリンの正当な子孫である。現在、正当な王位継承者は彼しかいない。

 

日本人としては、非嫡出子のことと、王位の継承方法がいまひとつわかりにくいので、腑に落ちるという感じではないのですが。

この動画が事実関係をわかりやすくまとめていてくださっています。

 

 

この方が本当の真の国王なのか、この先どのようになっていくのか興味深いですが、以下の動画でのインタビューで私達の知らなかった情報を何気なく暴露してくれています。

コロナのせいでバッキンガム宮殿から消えたエリザベス女王ほか、その他の王族達はどう出てくるのかも気になりますが、

私としては、彼が何気なく話すその情報の方が面白かったです。ミーハーなもので・・・。(パート2を先に出しているのも、こちらの情報が面白かったから☆)

 

興味のある方は見てみてください。

 

パート2「KÔFËE WITH THE KING」キングとコーヒータイム

 

パート1 隠された英国王 ジョセフ・グレゴリー・ハレット

 

パート3「KÔFËE WITH THE KING」キングとコーヒータイム

 

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!