十七夜夢子の暇人プレス

十七夜夢子の暇人プレス

アラフィフ女一人の諦めきれない暮らし

日本へ持って帰りたいもの フロムオーストラリア2

日本へ持って帰りたいもの フロムオーストラリア2

皆さん、こんにちは。

日本へ持って帰りたいものを書いたあと、その後まだまだ出てきました。

主観的かつ独断的ではありますが、もしよろしければご覧ください。

オーストラリアってこういうものがあるのね、と思っていただければよろしいかと。

 

 

やっぱり自然派!日本へ持って帰りたいもの、パーソナルケア編

 

日本って、何でも加工してるものが正しいって認識が結構あると思うんですけど、

オーストラリアでは純100パーセント、というものが重宝されている気がします。

無添加、無着色、無香料、砂糖無添加、みたいなものが喜ばれている気がするんです。

そういうの、割と日本で探しても難しいというか。

本当は100パーセント、というものもあっても、なぜかあまり大々的にアピールしない印象。もしかして、100パーセントで手を加えてないってそのままじゃんってことであまり歓迎されないんだろうか?

 

でも、オーストラリアでは100パーセント、というのが売りになっています。

私が持って帰りたいかも?と思うのはまたまたオイルなんですが、こういうものもいい製品あるよな、ということで、まず。

 

ホホバオイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良質のホホバオイルは本当に素晴らしい肌への保湿剤になります。昔、日本の夏からオーストラリアの冬に来て肌がぼろぼろになって薬局のクリームをどれだけ塗っても治らなかったのに、ホホバオイル一択にしたら元通りに。以来、やはりホホバの実力は侮れないと思っています。日本でももちろん買えるけど、その安さに疑念を生じてしまう私なので。

ただ、日本はオーストラリアほど乾燥してないから必要ないのかもと思ったりはします。

 

 

キャスターオイル

 

ひまし油のことですね。オイル類がやはり安いので、日本でもひまし油は普通に手に入ると思うけど、買って帰った方がいいかなあと思う。

ひまし油は、重曹とまぜてカソーダというシミとりクリーム作りに主に私は使っています。

 

 

ローズヒップオイル

 

 

日本に本格帰国して、たまにオーストラリアに遊びに来る友達は、ローズヒップオイルがオーストラリアは安いと言って買って帰ります。

私はあまり実感したことがないんだけど、シワなどに効果的と言われているオイルですね。

有名なトリロジー以外にもローズヒップオイル商品を出している会社はあり、そっちはもっと安い。でも品質は悪くないと思います。オーストラリア産のこの手のものってたまにすごく安くてびっくりするけど、他の製品のほとんどが輸入だから国産は安くなるという次第。(と高品質だと信じている)

 

 

ティーツリーやプロポリスなどの自然派歯磨き粉

これこれ!!

私が絶対自分土産に買って帰りたいのはこの自然派歯磨き粉です!前回の分に不覚にも入れるのを忘れていました!

オーストラリア産だから安価だし、ちゃんと歯磨き粉だし、でも悪いもの入ってなさそうで、すごくいいんです!と信じてます。いつも私は自然派歯磨き粉。

本帰国となったら、数本買って帰るにしても、のちのちどうすればいいのか悩むレベルです。

どうしよう・・・。

 

 

自然派日焼け止め

 

自然派日焼け止め、実は私は買ったことがありません。

ただ、長年の愛用者の友が絶賛しておりました。昔、オーストラリアって、自然派推進だけど、SPF値の高い日焼け止めを製造できなかったんじゃないかな?と勘ぐっています。

だってこんなに紫外線強力な国なのに、私が初めて来た20年前ぐらいから数年間は、SPF30が最高値だったんです。そして30以上ある日焼け止めは輸入禁止?だったのか、外国製品でも全く見当たりませんでした。そして高いSPF値でなく、30以上を何度も塗りなおせばいいんだ!と啓蒙していました。しかしいつの間にか50プラスが解禁に。

たぶん、技術が進歩した。

特にInvisible Zincがやっぱり気になる存在です。

 

 

バーツビーズの口紅

 

 

バーツビーズはアメリカの会社ですが、日本ではバーツビーズは口紅類は売っていないようなので。

私のお気に入りはリップシマー(こちらは日本で買える)のピオニーです。

唇の皮がむけないどころか、保護されてる感を翌日感じます。

 

 

自然派じゃないけど、日本で意外に見ないもの

 

日本って何でもあるようで、意外になかったりするものもあるんです。

あっても高額だったり。

たとえば。

 

銀製品アクセサリー

 

いわゆるスターリングシルバー925というもの。特にピアスのポストが純銀だとアレルギーのある私は本当にありがたい。

日本だと、サージカルなんちゃらとかのポストのピアスや樹脂ポストのピアスがアレルギー対策で売ってますが、あれでは被れるのです。

こちらではポストがスターリングシルバーのピアスは探せばどこにでも売っていて、特にマーケットなどで何気に可愛いものが売られています。掘り出し物を探すのも楽しいです。

 

 

青缶以外のニベア製品

 

青缶のニベアがとても日本で人気だそうだけど、オーストラリアではニベアの色んな製品が売っていて、お手軽なのにQ10配合とか、優秀な気がします。
男性用のボディアンドフェイスミルクもQ10配合で、「このお陰で若く見られるようになった」と言う、若々しい男性にあったこともあります。私にはなぜかあまりきいてない気がするけど、珍しいのでお土産にしてもいいかなと。

たまにスーパーなどで激安になったりしたときに買ったりします。

ま、これもオーストラリア製ではなくドイツ由来なんだけどね。

 

 

食べ物番外編。単にわたしが好きなだけなやつ。
亀ゼリー(Guilinggao)の缶

 

 

これ、色んな種類が売られていて、変哲もない大きめの缶だけのものから、すぐ食べられるようにシロップつき、スプーンつきのものまで中国系スーパーにいくと買えます。薬草を煮込んでゼリー状に固めているもので美肌に良い

日本でも普通にオンラインなどで買えるみたいですね。結構好きだけど、日本には美味なゼリーがいろいろ売ってるから、あえてオンラインで買わない気がするので最後に買って帰ろうかなあと。

 

 

独特な匂いがあるけど、お土産のハンドクリームなどにちょうどいいラノリンクリーム

 

昔からオーストラリアの定番お土産、ラノリンクリーム。

フェイスクリームもあります。友達とかにはもうちょっとオシャレ系の何かをお土産にしたいかもだけど、そこそこはずさない存在ではないかと。

 

 

たぶん、オーストラリアから私が日本へ買って持って帰らないもの

 

有名どころを集めました。

 

ティムタム

なぜか日本人に人気のお土産、ティムタム。なんでなんでしょうか。

私はダークが好きですが、最近ではとんと買わなくなりました。

土産にも買わない気がします。いや、買うかな??

日本には未発売の色んなフレーバーがあるので、それらを買って帰ったら喜ばれるかも?

 

 

マヌカハニー

 

オーストラリアでは蜂蜜類は日本に比べて超安い!ということで、マヌカハニーもかなり人気です。ご両親に買って送ってあげた人が、めちゃめちゃ喜ばれて、本帰国の際、かなり大量買いしていかれたのを覚えています。

が、私にはどーも効能がよくわからず・・・。多分、効能が高いやつ(イコール価格が高い)を買ってないせいだと思う。

買うなら普通の蜂蜜を買って帰るかなと思います。

 

 

アグブーツ

これがアグだなんて・・・お洒落さん

 

アグがはやったとき、全然可愛いとも素敵とも思わなかった私。でも今って色んなデザインのアグが売られているんですねー。

日本の冬は寒いし、買っときゃ良かった、と後になって思いそうかな?いや、やっぱりそこまでして買う勇気は今のところないです。

 

 

というわけで、独断と偏見による私が日本へ買って帰りたいものフロムオーストラリア、を書いてみました。

皆様は何か興味惹かれるものありましたでしょうか?

 

それでは本日もお読みいただき、ありがとうございました!

私がオーストラリアから日本に自分みやげにもって帰りたいもの7つ

私がオーストラリアから日本に自分みやげにもって帰りたいもの7つ

こんにちは、すっかり里心がついたアラフィフ独身の筆者です。

今回は、長年オーストラリアに住んだ自分がもし日本へ永久帰国するなら、絶対買って帰りたい自分みやげについてです。もちろん、それが定期的に手に入るわけでもなく、最後のあがき的なものですね。
よろしければの物見遊山気分で軽くお付き合いください。

 

 

結局のところ、日本のほうがオーストラリアより自由じゃない?

 

思えばコロナなど関係なかった頃に、独身アラフィフおよびアラフォーの友人はとっとと日本へ永久帰国してしまいました。そして、今、コロが怖くて外出しないという友人を見ると(そうではない友人もいますが)自粛の日本と違い、罰金のあるオーストラリアでもんもんとするよりは日本の方がいいんじゃないかと思ってしまっています。

(特に旅行をしてからさらにその気持ちは強くなってしまった。皮肉なことだ)

とっとと5月に帰った友人が羨ましくてしょうがないです。

 

ちなみにニューサウスウエールズ州、本日のコロちゃん陽性者数

 

https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/stats-nsw.aspx

 

 

少なくないですかね普通に?

 

そして、オーストラリア全体。ビクトリア州だけ異次元ですが・・・。

 

https://www.health.gov.au/news/health-alerts/novel-coronavirus-2019-ncov-health-alert/coronavirus-covid-19-current-situation-and-case-numbers#total-cases-recoveries-deaths-and-new-cases-in-the-last-24-hours

 

 

私が日本に持ち帰りたい好きなもの7つ フロムオーストラリア

 

ではここから!私がこれは絶対買って帰ろう~と決めているもののご紹介です。

 

 

エミューオイル

 

乾燥するオーストラリアで、やっぱり頼りになるエミューオイル。

これを保湿クリーム代わりに使っているのでやっぱりもって帰らねばと思ってしまいます。

関節炎やその他の炎症にもきくし、コラーゲン生成を助ける、アンチエイジング作用あり。

私はフリーマーケットで買っていて、見た目はラベルと瓶のみですが、頼りになるやつなのです。ちなみに売っている中国系タイ人のおばちゃん60代は愛用者で、お肌がめちゃめちゃ綺麗。

 

 

ティーツリーオイル

 

 

もう消毒系はなんにでも効く!と信じている。何にでも使っております。

肌に直接つけてもいいので、食べ過ぎて吹き出物ができたときなどにもちょこんとつけて寝る。これで安心。

あと、やってはいけないと言われているけど、私は普通にお湯にティーツリーオイルを一滴たらしてうがいして風邪予防とマウスウォッシュしております。

 

 

マサマンカレー缶とココナッツミルク

 

 

急に食品にシフト。オーストラリアでは私は日本のカレールーは買わず、カレーが食べたくなったらこのカレーのペーストとココナッツミルクでタイカレーを作り満足しております。

どっちも安いから。

 

ココナッツミルクは以前、日本に戻ったとき、見つけたけど高くて「高級品になっとる・・・」と思いました。

 

 

ターキッシュブレッド

 

 

ターキッシュブレッドってオーストラリア?にしかないのかな?検索すると大体、オーストラリアがらみのものばかり出てくるんですが。

日本ではトルコのパン屋さんとかでしか買えない気がするので、これも安いので最後の自分土産に買って帰ります。

 

 

ビエナブレッド

 

 

もしかして日本とか他の地域では違う名前なのかもしれないけど、オーストラリアではビエナとして売ってると思う。こういうのも安くておいしい。でも日本だったら500円以上はすると思うし、そもそも日本のパン屋さんはそれはそれで超絶おいしいパンがたくさんあるから、ないならないで平気。多分名残惜しむためのパンです。

(ビエナっていつも読んでるけど、読み方間違ってたら教えてください)

 

 

ヘナ

 

 

多文化国家のオーストラリア、インド系の食料品やさんもたくさんあります。

私はここで白髪染め用のヘナをいつも購入。ヘナだけでなく髪によさそうなものが色々入ってる。前はヘナってダイソーで簡単に買えたけど、今は買えないと思うので、ジッパーとかの袋ではない、切ったら切りっぱなしの普通の袋に入ったやつだけど、安いし、まとめ買いして帰ろうと思います。

 

 

シシカイパウダー

 

 

これを紹介したかったんですよ~。そのうちちゃんと紹介記事を書こうと思います。

シカカイパウダーは天然ハーブのシャンプーです。(ん~、写真が不鮮明ですみません)

 

でもインドのお店番の人は、「洗髪用ちゃうで」といってたのはなぜ?

 

日本のサイトでも洗髪用として通販で売ってますよね。(でも高い・・・ジッパーアンド真空パックで100グラム1000円ぐらいだもんプラス送料)

 

湯シャンとかする人はシカカイ使えばいいのになーってずっと思っていましたが、

初め、これにアムラという髪がさらっさら!になるパウダーも混ぜて使っていたのですが(前述のヘナにもアムラ入ってる)

 

そのうち「シカカイだけで十分かもしれない、アムラは贅沢だ」と思い、シカカイだけにしております。シカカイだけでも、頭皮すっきり、髪さらっさら!髪は根元から立ち上がってぺたんこにならない!

 

これは私としては大量買いして持って買えるしかないな!

大体一箱100グラムで2ドル50とかそんなもんだと思います。(これもジッパー系の袋などではなく、口を切ったら終わりの普通の袋に入っている笑)

よくシャンプーする人は当然早くなくなっちゃうよね。

 

 

まとめ

 

フロムオーストラリアといいつつ、メイドインオーストラリアでは必ずしもないところはご愛嬌。

 

どれも私がオーストラリアで愛してやまず?日本で手に入りにくいものです。

 

これらに加えて、オーストラリアで普通に買える濃いぃチーズなんかも入れるといいかも?ワインは、私はお酒を飲まないのと、オーストラリアワイン、結構日本で安く手に入るので入れてないです。下手すると日本のほうが安く買える気がするのは気のせいなんだろうか?

 

大体、自然派ヘアケア、フェイスケア(オイル)、エキゾチック系食品、そんなもんですね。

 

上記にあげたものは、オイルはエミューオイルで50mlで19ドルぐらい、ティーツリーオイルは15mlで7ドルぐらいですが、

 

その他、食品系は大体2ドル台というお安いものばかり。

もちろん、それがないとダメ!っていうものもありますが(シカカイとかヘナとかティーツリーとか)

 

でも、日本帰ったらまた日本のよい製品や食品があって、そこに慣れていくんですよね~

だから、やっぱり最後の思い出の一部って感じでしょうか。(結局なくなってしまうものばかり)

 

というわけで、本日は、私が永久帰国するなら自分のために買いたい最後のオーストラリア土産でした!

 

また思いついたら第二弾を書こうと思います。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!

日本が大変なのは同調圧力だけかもしれない、と罰金ありのオーストラリアの海辺の町で考えた。

日本が大変なのは同調圧力だけかもしれない、と罰金ありのオーストラリアの海辺の町で考えた。

みなさん、こんにちは。シドニーに住むアラフィフ独身の筆者はついこの間の記事で
「日本は税金が大変過ぎるから帰れない」と書きました。
しかしそれはただ、社会システムの話。お金の話ですね。

日本が大変!ここがよくない!と書いた舌の根も乾かないうちなのですが。
この間旅行して海辺の町の美しさが、日本でも見れる景色だと気づいて、日本に帰りたくなってしまいました。コロナの今、オーストラリアと日本の違いを書いてみます。

 

 

実質、旅行禁止のオーストラリアで鉄道の旅。海辺の町で考えた

 

この間、シドニーから程近い、セントラルコーストの町へタイ人の友達と旅行しました。

 

彼女も私も、旅行好きなのに実質旅行禁止に追い込まれ、ストレスがたまりまくって普段はあえて行かないような、鉄道でも行けるニューサウスウエールズ内の海辺の町へ。

 

今、オーストラリアでは州をまたいでの旅行ができません。

 

メルボルンでなぜかコロナ陽性者が急増し、その人たちがニューサウスウエールズに入ったせいなのか?ニューサウスウエールズでも毎日10人前後の新規感染者が出ているため、クイーンズランド州などへ旅行ができなくなってしまいました。涙

 

ニューサウスウエールズ州の(クイーンズランド州境側に近いと言える)バイロンベイからクイーンズランドのケアンズへ海経由で(ボート笑)渡ろうとした人たちは捕まって、罰金4000ドルをくらいました。

 

一人4000ドルです。私ははじめ、400ドル(約28000円ぐらい?)かと思いました。400でもそこそこな金額だと思っていたので、一人4000と知って愕然。

 

しかも、14日のホテル隔離の憂き目に。

 

ほとんど病原菌扱いです。

 

https://www.skynews.com.au/details/_6181305120001

 

 

ちょっと待って。

何でこんなに神経質?

未知のウイルスとして恐れていたときとはもう違うくない?

州境には警察が待機しています。

 

オーストラリアはまだ冬。あったかいクイーンズランドに行きたい人は大勢いるでしょう。

 

人をコロすこともままならないのに、この仕打ち

 

見ると、

東京での死亡者数、338人・・・。(東京都民人口13,999,568人)

 

 

NSWでの死亡者数は54人。(NSW住民の人口は800万人ほど)

本日なんて、新規陽性者、3人だけです。

ちなみに検査はめちゃめちゃ行っている。。。

 

https://www.nsw.gov.au/covid-19/find-facts-about-covid-19#nsw-covid-19-statistics

 

 

コロすけのお陰で今年の冬は全然インフルエンザが猛威をふるっていない模様。

 

https://www1.health.gov.au/internet/main/publishing.nsf/Content/C212D5131C8E4EDACA25858B0024608B/$File/flu-05-2020.pdf

 

(一つの感染症にしかかからない法則?によるらしい。赤太字の線が2020年のインフル様症状者の数)

 

別に東京より死亡者数低くて素晴らしいといっているわけではないのですが、東京が十分低いのに輪をかけてニューサウスウエールズはさらに低いのです。

 

 

でも、クイーンズランドなどの州から来るなといわれ、

海外旅行ももちろんできず。

 

罰金があるのがつらいしコワイ

 

私の現実から何人かの友達がいなくなった?と思うほど、皆、外出などを控えて悶々と?しているようです。

 

それに引き換え、日本では、全てが要請。罰金も禁固刑もなし。(さすがに禁固刑はオーストラリアでもないとは思いますが・・・)

 

東京がGOTOトラベルから除外されただの、お盆だけど故郷から帰ってくるなといわれて篭ってるだの聞く一方で、ちゃっかり旅行に行ってしまう人たちもいるわけで。

 

東京在住の知人も、思い立って旅行にいき、新幹線等がらがらで快適だったようです。

 

県境に県警が検問して許可証のない者を追い返しているわけでもなく。

 

本当にこのコロがオソロしいウイルスなのだと思い込まされていたときには、オーストラリアのやり方が素晴らしいと思っていたけれど。

 

だんだん、我ながらずさんな(消毒を忘れて食品パッケージを無造作に開けたり)しても一向に自分が健康であることにふと、ただラッキーなのではなく、

 

もしかして本当はウイルスなんかついてなかったんじゃない?と

思うようになった私。

 

メルボルンは、マスク着用しない人は罰金200ドルだそうです。

 

マスクって、何のウイルス防止にもならないやつですよね?

花粉症対策じゃないんですから。

でも、ここシドニーでもマスカーはだんだん増しています。

 

一方、同調圧力だけでマスクをしているという日本人。

いや、本気でウイルスをマスクは通さないと信じているわけではないでしょう。

 

「村八分がこわい」?

 

なんでですかね?

 

 

私の故郷の町には、もう15年ぐらい前に?ネットで土地を購入した人が移り住んできて、

町内会に入るのを悠々と拒否しました。

結果、町内では完全に孤立というか、別次元で生活されていますが、何の問題もないです。

(集落から完全に離れた場所、というのもあるかもしれないけど)

 

そんなことで村八分にする人間とは縁を切ったほうが今後のためです。
(うちの故郷の町内の人たちは別に村八分にしているつもりはないみたいですが・・・)

 

以下は、デビッド・アイクさんの動画です。

海辺の光景をみたとき、これなら日本でいいじゃないかと思った

 

 

さて、今回、海辺の町に旅行にいき、その海の光景をみたとき、

 

綺麗ー!!!

素敵ーーー!!

解放ーーー!!

 

という気分ももちろんあったのですが

 

でも、これって別に、日本でもよくない?

 

と思ったんです。

 

海は正直言って、そんなに美しいわけではなく

沖縄はいうに及ばず、和歌山の海あたりのほうがずっと綺麗だわ、と思ってしまったり。

また、海水湖もあったのですが、その光景をも見て

 

これなら琵琶湖の方が雄大で綺麗かもしれない

と思ったりもしてしまいました。(琵琶湖は淡水湖だけど)

 

ペリカンにも会えましたし・・・。ちなみにこの像の後ろ姿が何気にアマビエ様っぽくないですか?

 

総じていえば満足の旅だったんですけれどもね。

 

 

さてさて、

最後に、PCR検査についての動画です。

メルで、陽性者数増やしてるのはいんちきなんじゃないかと個人的に思っています。

なーんて。

 

 

というわけで、本日もお読みいただき、ありがとうございました!