普通の日本人の大人にとって、シェアハウスを経営することの方が、実際住むことになるより可能性は高いかもしれません。
私の友人は、長年シェアハウスに住んでいましたが、最終的に一人暮らしを決意。日本では当たり前の一人暮らしは、こちらでは家賃が高いのでフルタイムの、いい仕事をしているか、自分がシェアのオーナーになってテナントを募集するなどしないと、なかなか難しいのです。それでも、私の友人が結局、一人暮らしを選択するようになったのも、やはり人間関係が原因でした。

 

そもそも、独身者が多いにもかかわらず、一人暮らしだと全てにおいて高くつくオーストラリア。

 

日本のように、単身者用のマンションもなくはないですが、食料品も多く買えばそれだけ割安になる法則が適用となっていて、ワンベッドルームのフラットを借りるよりは、ツーベッドルームのフラットを借りるほうが割安になります。

なので、不動産屋から借りて、誰かにシェアメイトとして部屋を借りてもらう方が多少安くつくんです。

光熱費、ネット代なども相手とシェアすることもできますし。

 

昔はそれでも、自分が不動産屋から借りて他人とシェアをすれば、自分の家賃はタダ、みたいな料金設定をすることができました。

 

でも今は、自分のほうが持ち出しになる感じ?ワンベッドルームを一人で借りるよりはマシだけど、人と住むので気ままな一人暮らしという訳にもいかない。

 

よほどよい職についているなら別ですが、家賃高騰で誰もが苦しんでいるのが現在のシドニーです。

 

それでも一人暮らしにこだわるたった一つの理由。

 

シェアハウスの人間関係に振り回され、自分が出て行く羽目になるループに
疲れた友人。

 

私の友人のMは、かなり長いシェアハウス歴があり、外人ばかりのシェアハウスではなく、オージー一人、あとのシェアメイトは日本人、という構成のシェアハウスにばかり住んでいました。昔はそんなシェアハウスの広告もそこそこありましたし、オーナーを含めて三人で住む、というような比較的ゆったりしたシェアでも、家賃は安かったです。

 

今は、そもそも外国人が日本人ばかりを募集しているような物件はほぼ見かけなくなりました。あったとしても日本人を含む外国人シェアハウスという感じ。

 

シェアハウス自体がビジネス化したり、Air BnBで部屋貸しを始めた人などがいるせいかもしれないです。

 

もう何度目かの引越しの後、しばらく、日本人シェアメイト達プラスオージーのおじさんオーナー(ヒッピー風)との生活を楽しんでいるようでしたが、Mは突如、猛然と部屋探しを始め、結局、いわゆるボーディングハウス風の、バストイレはシェアだけれど、キッチン付きのワンルームを探して契約してしまいました。

 

バストイレはシェアと言っても、人間、バストイレには必ず、一人で入って用をするもの。

 

ということで、キッチンが部屋についているだけで、同じボーディングハウスの住人とは挨拶程度しかしない、という仲に。

 

電気代とネット代は自分で払わないといけなくなったわけですが(水代はオーストラリアでは所有主が払います)それでも一人暮らしに当初は満足していたよう。

 

 

シェアハウスを卒業する決意をした理由は、つまらない人間関係のいざこざ。

 

人間関係のいざこざって、自分にとって勉強になることならいいのかな、と思うのです。
しかし、自分にとってはどうでもいいことだったり、子供っぽく感じることに巻き込まれると、脱力感しかありません。

 

Mの一人暮らしのきっかけは、シェアメイトの日本人男子との喧嘩が原因だったとか。

Mは、別れる前の彼氏と一緒にしばらく住んでいたので、シェアハウスに引越しした時には家具やエスプレッソマシン、鍋など持ち物が多く、シェアハウスでそのまま提供していたものも多かったようです。

 

新しい日本人男子シェアメイトはそのことを知らなかったようなのですが、
Mの鍋で(普通は鍋は共用なので誰の、ということはあまりない)パスタをゆで、そのまま放置してテーブルに置いてあったので、Mは自分も料理をしようと思い、そのゆでてあったパスタを皿に盛り、自分は鍋を洗って、料理をしたらしい。

 

すると、それに気づいた日本人男子が
てめえ、ふざけんな!!」と怒ったらしいのです。(意味がわからん)

 

Mの方が年上だし、ハア?状態だったそうですが、怒鳴られて怖い目に遭ったMは、理不尽さにかなり頭にきたらしい。

 

結局、ヒッピーのオージーのおじさんが、普段、だらしない感じなのにピシッと仲裁してくれ、明らかに悪い日本人男子をうまく反省させてくれたそう。

 

M的には、「日本人の男は、日本人の女の言うことはナメて聞かないけど、オージーの言うことなら聞く」だそうで、かなり怒っていました。

 

ちなみに、こういうところが、オージーってフェアでいいな、といつも私は思います。

 

Mいわく
「だってさー、そもそもその日本人男子と私は合わないというか、初め、部屋を内覧に来た時も私はもう一人別の日本人男子の方が良かったのよ。でも決めるのはオーナーじゃん。他のシェアメイトの意見なんて聞いてくれないし」

 

「それで、結局、部屋や環境は大好きなのに、一人、気に入らない人が入ってくると、自分が居心地が悪くなって出て行かざるを得なくなるのよ」

 

このように、Mとしては念願の一人暮らしを、バストイレシェアではあるけれど、プライバシーがかなり守られるキッチンつきの部屋を探して契約したことで実現しました。

 

でも、Mは、一人暮らしを前半、楽しんだけれど、後半は日本に永久帰国する直前まで、かなり孤独にさいなまれたそうです。

 

実は私も、独身者は一人暮らしはしない方がいいんじゃないかと思っています。彼氏がいて、いつも泊まっていってくれるなら違いますが。

 

人間って、一人暮らしはあまり向いてないんじゃないかと思うんですね。よっぽどいつも人に囲まれていて、ホッと一息つける場所がほしいほどの人気者でなければ。

なので、私の信条は、「ウザくてもいいから人と暮らそう」です。

 

確かに、人間関係のいざこざで自分が出て行きたくなるというのは往々にあると思います。、それに、そのことで、相手が学ぶことはあっても、自分にとってはいつか来た道だったりしますよね。つき合わされた、的な。

まあ、そういう時は、振り回されずに、楽しんでしまったらいいんじゃないかな、と思います。

 

私の友人の外国人男性は既婚ですが、もし自分が独身だったらわざわざ家なんか借りずに、絶対にシェアで暮らす、と言いますし、実際、独身の他の男友達(タイ人)は、シティのど真ん中に大勢のタイ人と、自分はサンルーム(ベッド分の大きさしかないらしい)で暮らして、貯金に励んでいるそうです。

 

シェアで暮らしていると、自由や気ままさは自分の部屋内に限定されてしまいますが、それでも全くないわけではないです。それに、他の人と暮らすのが、さまざまな学びになっているのかも。

 

というわけで、結局は、多少のお金を払ってでも、人間関係がない快適さを選ぶのか、人間関係が引き起こす出来事を面白がれるか、というのが焦点なのかな、と思います。

 

私はだんぜん、後者ですかね。

 

みなさんが独身だとして、シェアに入る、あるいはシェアを運営する、あるいはお金をかけてでも一人暮らしする。さて、どれを選びますか?

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!