二度目のロックダウン?

皆さん、こんにちは。

オーストラリアでほそぼそと暮らしているアラフィフの筆者です。
こちらは春めいてきて、桜のような花も咲いており、しばし美しさに見とれています。

それはいいのですが、まだ日本に帰国するのに本腰を入れるかどうか迷っています。

コロナによる現在の状況はじわりと変化しているのかも知れません。

 

手を消毒しすぎるのはかえってよくないはずだけど、やたら消毒剤が設置してある

 

この手のものがいつでもどこでも設置してあり、ひっきりなしに手を消毒する人も。

 

手が荒れないのかなあとか、中に何が入っているか気にしないのかなあとか、色々思ってしまうのですが、無料だから使わないと損とばかりにやたらめったら消毒している人もいますね。また、お店の前などで、消毒をお願いされることもあります。

 

消毒こそ正義!みたいな。

 

でも、それで手が荒れまくっている、という友達もいましたし、皮肉なことに、手洗い、消毒を頑張りまくった人が風邪を引いたり・・・。

 

アメリカでは、以下のように「手指に使用してはいけない」消毒剤に対する警告もあるようです。

 

アメリカでは、7月以来、アメリカ食品医薬品局 (FDA)が、

手の消毒に使用すべきではない手指の消毒剤リスト

を更新し続けていまして、8月に入った時点で、リストの数は「 100 製品」を超えていたのですが、現時点で最も新しい 8月24日の更新では、手の消毒に使用すべきではない製品のリストの数は、何と「 165 製品」に拡大されていました。

fda.gov
In Deepより抜粋

 

で、どんな消毒剤かというと、

アメリカ食品医薬品局 (FDA)は、メタノールまたはメチルアルコールと呼ばれる危険な因子が含まれている商品について、特定のアルコールベースの手指消毒剤を使用しないように消費者およびヘルスケア専門家に警告し続けています。
fda.gov
In Deepより抜粋

 

ということです。

 

アメリカでは、海外からの消毒剤の輸入の増加にともない、こういった警告をしているようですね。(でも禁止まではしていない。消費者は結局賢くないといけないわけですね)

In Deepでかなり詳しく説明していあるので、興味のある方はぜひ。

 

この記事と私の考えが全く同じ、というより、In Deepの過去記事を読んで「消毒過多で善玉菌を殺しているのか!!」と影響を受けたので、私自身も、マイスプレーボトルを持ち歩き、

「あ、自分のありますんで」と(こちらのはゼリー状のが多いのですが)掌にべったりくれようとするのを、さらっと断っています。

 

ちなみに、使っているフリをしていて、実際は使っていないです。
だって私、保菌者じゃないもん。(店側が使わせようとするのは、そのウイルスついた手で商品さわるなよ!ってことでしょ)

 

私は、スプレー状のマイ消毒剤は、自分の手指ではなく、公衆トイレなどに入ったときに、物にスプレーしています。

一応、ティーツリーオイルなどが入った自然派です。

 

 

なぜか、一部の日本語補習校が突然、休校に

 

友人が子供を通わせている日本語補習校(大体、土曜の午前に行われるもので、日本語授業が行われる)が、突如、臨時休校となり、再開がいつかわからない、となったそうです。

 

日本語補習校なので通常の学校とは違いますが、それでも「なぜ」と父兄は困惑しているそうです。

 

まさかの、何かが着々と進んでいるんでしょうか。
ちなみに、新規陽性者数は、以下のような感じ。

 

今週の新規陽性者。先週より倍になっている?

https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/stats-nsw.aspx

 

先週と比べて、新規陽性者の数が倍、しかし検査数は少ないという現状ですね。

検査も本当は全然イカサマだと思っておりますけど、私は。

 

 

二度目のロックダウンの前にすごい発表がある・・・というチャネラーさんの話

 

二度目のロックダウン、あるんですかね。

 

この、ブロッサムさんという方の動画、見る気はなかったのに、偶然指が触れて、その動画を見ることになったんですね、私。

 

こういう、偶然のフリして実は必然っていうやつ、きたー!!と思って素直に見ました。

で、その後、自分の好きな動画を見たら、なんとそのブロッサムさんのチャネリング内容について(要するに同じ動画)の紹介を(わかりやすく?)されていたんですよ。

 

なんでしょうか、ダメ押しというやつでしょうか。この偶然。(と言う名の必然)

 

こ、これは一体私になにをせよと言うのか・・・もしかして、私の弱小ブログで紹介せよというのか、それとも、単なる私のもやもやとした質問(日本に早急に帰るよう準備するべき?)の答えという超個人的なものなのか・・・(要するに、ロックダウン来る前に日本へGo!という意味なのか??)

 

メルボルンは二度目のロックダウンが既に行われていて、相当厳しい状況に人々がさらされています。

外出は1日一時間とか、5キロ以内にしか移動しちゃだめとか、マスクしてなかったら200ドルの罰金とか。

 

実はメルボルンのあるビクトリアって、オーストラリアで何か導入するときにまず導入実験される州なんです。

 

まさかの予行演習なのか???

という考えにものすごく納得してしまいました。

 

もう私に時間は余りのこされていないのかも???

 

 

ということで、本日もお読みいただきまして、ありがとうございました!