美人になるための食事のヒント。アラフィフから目指す美肌。

アラフィフともなると、気になるのがお肌のシミ、シワ、たるみ、くすみ…。サプリメントなどに頼るのもよいですが、食事に何を取り入れるかで、体は大きく変わってきます。ダイエットに、美肌によい食事のヒントをご紹介します。

 

体を温める陽の食品を選んで、冷え性を改善させる。

 

私もめちゃめちゃ冷え性です。大体、食べるなという筆頭に出てくる甘いモノが大好き。

甘いモノには普通に白砂糖が入っていると考えてよく、白砂糖は体を冷やす筆頭。

 

体は冷やさない、温める。これが美と健康への秘訣。

 

となれば、本当は砂糖断ちをすべきなんですが…。できません。

 

チョコレートなどおもいっきり食しております。

 

せめて他のところで体の冷えを直して、健康に持っていこう。

 

食品は陰・陽・中庸に分けられる。

 

食品には陰・陽・中庸と三通りあり、陰は体を冷やすもの、陽は体を温めるもの、中庸はどちらでもない、というもの。

本来は夏の暑いときは陰の食品を選んでいればよかったですが、冷房が効いている現代、冷え性の人は意識して陽の食べ物をとるほうがよいです。

 

陰性の食品で特に気をつけないといけないもの
白砂糖、化学調味料、冷たい飲み物、清涼飲料水。
簡単に取り入れられる陽性の食べ物
人参、かぼちゃ、味噌、しょうゆ。

 

陽性の食品では、小松菜やキャベツは中庸ですが、人参やかぼちゃは陽性。基本的に暖色系の野菜は陽性。意識して取るなら、必ず人参を料理に加えるとよいです。味噌やしょうゆも陽性なんですね。これは日本食では毎日でも使うので楽勝かも。

 

寒色系の野菜、例えばなすなどは陰性です。

 

陰と陽は色で見分けがつき、不思議なのですが虹の色と同じになっています。陽から陰に向かうと赤⇒橙⇒黄⇒緑⇒青⇒藍⇒紫、となります。緑が中庸ですね。

 

他に取り入れたい陽性の食品は温かい飲み物や、熱を加えた生姜です。ちなみに生の生姜は陰性です。

 

 

朝は何も食べないか、フルーツのみ、の理由とは

 

前にも記事にしたのですが、一日三食は食べすぎ。なぜなら朝は体が排泄体制に入っていて、人間、排泄さえうまくいけば、体によくないものを摂取してしまってもそう深刻にはならないもの。なのに、排泄体制時に食べてしまうと、排泄プロセスはストップし、消化活動に入らざるを得なくなるからなんです。

 

一番良いのは朝、何も食べない。

 

朝は何も食べない、あるいは、食べて20分ほどで消化され、腸へ行くフルーツが一番。しかし、他のものと一緒に食べるとフルーツは胃の中で他のものと混ざり、腐敗しやすくなるので単独で食べるのが一番なのです。

 

フルーツには酵素も入っているので、加齢による体内の酵素の減少を避けるためにも、フルーツを食べるのは理にかなっているんですよね。

 

酵素と言えば青パパイヤ最強説だけど…。

 

私が最近、よく食べるのは家になっているみかん、買ってきたバナナ。あとは庭に青パパイヤがなっているのですが、これをどうにかジュースにできないかな、と考え中。

 

青パパイヤにはさまざまな栄養と消化酵素があり、ダイエットにも効果的。青パパイヤドリンクはかなり無敵な栄養ドリンクに変身してくれそうなのです。ま、それはさておき。
日本で青パパイヤをゲットするのは難しいかもですが、沖縄産のものなどがネットで注文できるようですね。

 

青パパイヤの消化酵素は、たんぱく質・糖質・脂質の三つを分解できるという稀なもの。またワインの7.5倍のポリフェノールが含まれています。

 

パパイヤの葉も抗酸化物質や、カルシウム、ビタミンDやビタミンEが含まれ、ガン予防もできます。普通に葉を煎じると苦いようですが、お茶として飲むには問題ないとか。

 

ブームに乗り遅れたけど、アサイーがかなりいいらしい。

 

ちなみに、私は全く食べたことがないのですが、アサイーはアマゾン発の素晴らしい栄養満点のフルーツなんですね。ブルーベリーの五倍のアントシアニン量だけでなく、他にもポリフェノールが赤ワインの30倍、ビタミンCがレモンの3倍、鉄分、リンなども含まれています。他にも葉酸、ビタミンE、カルシウムなど、まさにスーパーフード。

 

くすみがとれるなど美肌に効果があるのはもちろん、エネルギーがチャージされる感覚があったり、人によって二日酔いなどをしなくなったりするようです。

 

ドリンクとして飲むのが手軽なようですね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

日本食はやはり理にかなった陽性の食品なんですね。野菜はもちろんですが、フルーツを朝取るのが非常に体にいいと感じます。

 

日本はフルーツの値段が高かったりしますが、少しでいいので取るようにしたいものですよね。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!